【平日更新】筑豊のフリーペーパー CHIKUSKI**のチクスキ編集部が日々綴るブログ

xxx

毎年恒例の咳が永遠に止まらない季節が来ました。

 

なので毎年このタイミングで、「咳をしても一人」という自由律俳句を思い出して、とてもいい句だな〜と思うのでした。

 

 

 

 

どうも咳川談志です。

 

 

 

先日、僕が絶賛ゴリ推し中のカリスマ女性DJリカックスとひょんなことから一緒にイベントをすることが出来ました。

 

東京のクラブはもちろん、週末は全国を飛び回ってDJをやっているだけあって、実力は筋金入り!ゴリゴリに盛り上げてくれました。

 

僕は、あまりクラブに慣れていない人向けに「フゥ〜!!」っていうタイミング講座を開きならがら見てました。

 

 

 

そんな僕の大好きなリカックスが、なんと、、、、

 

僕の大好きな場所でおなじみのYCAMのイベントに出るんです!

 

 

 

 

AIDJ vs HumanDJ

 

 

このイベントは人工知能(AI)のDJと人間のDJ が一緒にイベントするというものです。

 

 

通常良くみるDJは1時間とか2時間とか決まった時間、一人のDJが曲を流し続けるのですが、

もうひとつクラブイベントでよく見かけるDJの方法としてBack to Backというモノがあります。

 

これは複数人のDJが1曲づつ交互に曲を流すというモノです。

 

よって自分が全然しらない曲と自分が持っている曲をつなぐという難しさがあるわけです。

 

 

 

このBack to Backを人間と行えるようにプログラミングされているのがこのAIDJと言うことらしいです。

 

今回のイベントはこのAIDJとLicaxxx、そしてtofubeatsがBack to Backを行うというモノ。

 

 

 

 

AIは人間がかけた曲のジャンルやテンポを判別し、その曲と自然につながる曲を選曲してキレイに繋いで流す。でもAIは人間じゃないので、突拍子のない選曲、例えばアップテンポのテクノの次にフリージャズをつないだりということをやるらしいです。

 

 

 

しかもAIが流す曲は、DJ側で準備するらしいので、リカックスも結構攻めた曲を入れ込んでどうなるか試してみる的なことを言ってました。

 

 

 

リカックスとYCAMという最高の組み合わせ。

 

とても楽しみだ〜

 

 

 

 

 

リカックスのポーズを隣で真似ることで、リカックスと僕とその他大勢みたいに見える集合写真が撮れました(家宝にします)。

 

皆さんも有名人と集合写真を撮る際にこの手法を使ってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

DJって釣りみたい

 

どちらも針を落とすってね

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント

コメントする








   

NEW ENTRIES

RECENT COMMENT

STAFF

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

PROFILE

LINK

INFORMATION

CHIKUSKI*PASS

CHIKUSKI WEB

OTHERS