【平日更新】筑豊のフリーペーパー CHIKUSKI**のチクスキ編集部が日々綴るブログ

子を持つ大人として

子育てをしていると童謡を歌う機会が劇的に増えます。

 

 

自分と童謡。

 

 

これまでは自身が子供の頃に歌った記憶での童謡だったものが

 

 

 

誰かのために歌う童謡に変化する。

 

 

子供の頃の童謡、

 

 

大人になったいま歌う童謡。

 

 

 

同じ曲ではあるのですが捉え方が変わりますね。

 

 

悪い意味で 笑

 

 

 

大人になった僕は

 

 

これっくらいのお弁当箱に

 

 

刻み生姜やすじの通ったふきという人生を達観したようなおかず。

 

 

 

これやと足りないんじゃないかと心配になったりします。

 

 

隆御用達のお弁当屋さん、幸袋のにこにこ亭さんの足許にも及ばないのではないのかと。

 

 

でも歌うと子供は喜び「もっかい」とアンコールをねだります。

 

 

意気揚々と再び歌い上げると食い気味に「もっかい」ダブルアンコールをねだります。

 

 

今年ゴットンジャムに出演してくれたJ.A.Mさんにダブルアンコールを行くかどうか確認とったときに

 

 

ピアノの丈青さんは言ってました

 

 

「もうちょっと聴きたいくらいで終わるのがいいんじゃない?」

 

 

いやぁ痺れた。

 

 

しかしそれは子供の前では無力です。トリプルどころか

 

クアドラプル(←初めて知った)

 

クインティプル(←初めて知った)

 

セクスタプル(←初m...以下略)

 

の勢いです。

 

 

流石に僕も飽きます。

 

 

さぁどうしよう。

 

 

続きでも歌うか。

 

 

続き...ん?つづき??

 

この歌続きあったっけ?

 

 

てか二番の歌詞は?

 

 

 

調べたら続きがありんした。

 

 

歌詞を載せるとあれがあれなんで各自調べていただくとして

 

 

この続き?2番?

 

 

全然メロディーがわからない

 

 

いつものメロディーには全く乗らない歌詞やし

 

 

かといって新たなメロディーがわかるわけもなく

 

そんなの教えてもらった記憶もないし。

 

 

どうなっとるんだ幼児教育!

 

 

そんなこんなで次の歌「げんこつやまのたぬきさん」

 

 

げんこつやまのたぬきさんがおっぱいのんで寝んねしてだっこしておんぶしてと

 

 

とても忙しい様を歌っております。

 

 

でも歌い終わったとき。大人になって目が濁った僕は気づきました。

 

 

 

 

げんこつ関係なくね?

 

 

 

とんこつ山でもよくね?

 

 

 

僕だって子供の頃公園に名前つけるときに

 

 

パンダの遊具があれば「パンダ公園」

 

 

命がけでいく遊泳スポットがある川の名前は「命」

 

 

少しは関係ある名前をつけたものです。

 

 

 

いかん、いかんですね大人になると。

 

 

天邪鬼に磨きがかかっております。

 

 

でもこうして色んな角度から当たり前を見直すのも好きだったりするのです。

 

 

 

 


コメント

コメントする








   

NEW ENTRIES

RECENT COMMENT

STAFF

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

PROFILE

LINK

INFORMATION

CHIKUSKI*PASS

CHIKUSKI WEB

OTHERS