【平日更新】筑豊のフリーペーパー CHIKUSKI**のチクスキ編集部が日々綴るブログ

72年という月日は長いようで短いお話。

おはようございます。

 

 

 

 

8月の東京前半は、雨続きでした。

 

 

 

 

おまけにむしろ寒かったです。

 

 

 

 

 


夏終了のお知らせ来た感すごかったな。

 

 

 

 

 


福岡で8月ラストスパート、仕事三昧ですが夏感じたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏らしい事をしたかったのですが、8月頭に海でもプールでもなく

 

 

 

 

 

 

 


赤坂にある「赤坂璃宮迎賓館」に行ってきました。

 

 

 

 

 







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内は撮影禁止なのですが、各国の首相などをおもてなしする建物だけあって

 

 

 

 

 


それはそれは燦爛たる、厳かな雰囲気でした。

 

 

 

 

 

 

 

窓のサッシ、ドアノブ、廊下の鏡、ひとつひとつが美しかった…

 

 

 

 

 

 

 

 

黄金の壁にも彫刻で細かく装飾が施してあったんですけど

 

 

 

 

 

 


よく見ると、スフィンクスだったり、扇子だったり

 

 

 

 

 

 


意外とユニークな装飾もありました。

 

 

 

 

 

 

 

毎年夏の10日間だけ館内の一般公開があるらしいので、次回は来年に持ち越しですが

 

 

 

 

 

 

 


東京観光の際は園庭だけでも是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は変わりまして、最近心を打たれつつ考えさせられた記事。

 

 

 

 

 

 


「あの夏、僕は母と妹を殺した。70年間、語ることのできなかった戦争の記憶 」

 

 

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/remember-fumiko?utm_term=.me2NJLYXoY#.jfzq9DQWXQ

 

 

 

 

 

 


今年は戦後72年でしたね。

 

 

 

 

 

毎年思うのですが、72年前って私たち世代にとってはものすごく昔のようですが

 

 

 

 

 

たった72年なんですよね。

 

 

 

 


私が29歳なので、生まれた1988年の時点だったら43年前。

 

 

 

 

 

まだまだお元気な85歳のご年配の方が、終戦の時13歳。

 

 

 

 

 

思春期ですよ。13歳の時の記憶なんて、最近までとはいかなくても

 

 

 

 

 

 

手に取るように鮮明に記憶がありますよね。

 

 

 

 

 


友達や家族に対する思いとか、学校のこととか、何が好きだったかとか。

 

 

 

 

 

 

 

最近では、戦争・原爆を知る世代や語り部が少なくなってきている現状が問題になっていますが

 

 

 

 

 

思っている以上に深刻な問題だな、と思います。

 

 

 

 

 

若者と言われる、今の20代や30代の方は、祖父母が戦争を経験していたり

 

 

 

 

 


学校でも手厚く戦争の事が教えられていると思いますが

 

 

 

 


今の10代や、これから生まれてくる世代って、物心ついた時には

 

 

 

 

 


戦争の実体験、ましてや原爆を体験した人の体験なんて

 

 

 

 

 


はるか昔の歴史の一部でしかない現状だと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亡くなった祖母の親戚が広島にいて、

 

 

 

 

 


数年前の夏に会いに行った時、広島平和記念公園の側に寄っただけで、足が震えると言っていました。

 

 

 

 

 

 

 


広島の方からすると、まだまだ記憶の中の戦争は過去じゃないんだなと改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


学生の頃に、どうしても8月6日の広島に行きたくて始発で広島に向かった事があって。

 

 

 

 

 

 

 

 

その日、原爆資料館で原爆を体験した方のお話もあったんですが

 

 

 

 

 

 

 

その方が足の踏み場がどこにもなくて、亡くなっている焦げた人や

 

 

 

 

 

 

 

人間とも思えない遺体を踏まないと、前に進めなかったそうで

 

 

 

 

 

 


何十年経っても、人間の溶けた皮膚を踏んだあの感覚が忘れたくても

 

 

 

 

 

 

 

何をしても鮮明に感触を思い出して、辛いと言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記憶を誰かに話すって第二の疑似体験のような感覚にもなるし、内に秘めたまま亡くなる方が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山いるんだよな、と思うと何とも言えない悲しい気持ちになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年の1月に亡くなった祖父も、戦争を体験していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、幼少期に祖父が話す戦争の話がその時はめんどくさくて。

 

 

 

 

 

 

 

なんで真剣に耳を傾けなかったんだろう、って本当に後悔しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

話は戻りますが、そんな幼少期の後悔を鮮明に思い出した、記事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では良い週末を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント

コメントする








   

NEW ENTRIES

RECENT COMMENT

STAFF

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

PROFILE

LINK

INFORMATION

CHIKUSKI*PASS

CHIKUSKI WEB

OTHERS