【平日更新】筑豊のフリーペーパー CHIKUSKI**のチクスキ編集部が日々綴るブログ

宇宙フィー

先日、今年一杯で閉園してしまうスペースワールドに、弊社スタッフと共に行ってきました。

 

園内は至る所に落書きがしてあって、「27年間ありがとう」とかそんなことが書いてあったんですが、

全然違う何箇所かで「35歳独身」という落書きを発見しました。

 

スペースワールド閉園。切ないですね。

 

 

どうも鶴川談志です。

 

 

 

 

 

 

 

今年もM-1グランプリ終わりましたね。

 

ちなみに去年はブログで、さらっと順位予想を書いてたんです。

【M-1順位予想】
1位 銀シャリ
2位 スーパーマラドーナ
3位 カミナリ

 

こんな感じ、

ちなみに結果は

1位 銀シャリ 3票/3位 スーパーマラドーナ 1票/3位 和牛 1票

 

と若干当たってた感じだったんで、調子にのって今年も予想しようと思ってたらブログのちょっと前に終わってしまってました。。。

残念。。。

 

悔しいので、早めに来年の予想をしておきます。

 

【M-1順位予想】
1位 スーパーマラドーナ
2位 かまいたち
3位 四千頭身

 

そうですね。「四千頭身って誰?!?」って感じですよね。てかこの四千頭身は今年絶対ブレイクすると思うので、あとから自慢できるように最近バンバン言って回ってます。

 

ちなみに過去に「ウエストランド」と「アインシュタイン」を似たような感じで推して全然売れてないんですが、、、

 

 

 

ただ今回のこの四千頭身はすごい!

 

まず結成が2016年でまだ20歳なりたての超若手!もうもはや伸びしろしかないわけですね。

 

そしてルックスがいい!ボケのノッポ二人にツッコミのちょいぽっちゃり一人の三人組なんですが。明るい方のボケのノッポがきれ〜〜〜〜な出っ歯なんですよね!絵に描いたようなお笑い芸人!って感じです。

 

その見た目の期待を裏切らないお馬鹿なネタを、独特なテンションのツッコミがキレイにまとめていく感じがいいんですよね。

 

とまあ言葉で説明しては見たものの、見てみないと伝わらないと思うので、テレビのネタ番組とかでみかけたら意識して見てみてください。

 

来年のM-1は四千頭身が波乱を巻き起こしてくれるのに期待ですね!

 

とりあえず決勝までは行って欲しいですね。。。

 

 

 

 

 

M-1ってふるさと納税みたい

 

どちらも得点(特典)で選ばれるってね

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


xxx

毎年恒例の咳が永遠に止まらない季節が来ました。

 

なので毎年このタイミングで、「咳をしても一人」という自由律俳句を思い出して、とてもいい句だな〜と思うのでした。

 

 

 

 

どうも咳川談志です。

 

 

 

先日、僕が絶賛ゴリ推し中のカリスマ女性DJリカックスとひょんなことから一緒にイベントをすることが出来ました。

 

東京のクラブはもちろん、週末は全国を飛び回ってDJをやっているだけあって、実力は筋金入り!ゴリゴリに盛り上げてくれました。

 

僕は、あまりクラブに慣れていない人向けに「フゥ〜!!」っていうタイミング講座を開きならがら見てました。

 

 

 

そんな僕の大好きなリカックスが、なんと、、、、

 

僕の大好きな場所でおなじみのYCAMのイベントに出るんです!

 

 

 

 

AIDJ vs HumanDJ

 

 

このイベントは人工知能(AI)のDJと人間のDJ が一緒にイベントするというものです。

 

 

通常良くみるDJは1時間とか2時間とか決まった時間、一人のDJが曲を流し続けるのですが、

もうひとつクラブイベントでよく見かけるDJの方法としてBack to Backというモノがあります。

 

これは複数人のDJが1曲づつ交互に曲を流すというモノです。

 

よって自分が全然しらない曲と自分が持っている曲をつなぐという難しさがあるわけです。

 

 

 

このBack to Backを人間と行えるようにプログラミングされているのがこのAIDJと言うことらしいです。

 

今回のイベントはこのAIDJとLicaxxx、そしてtofubeatsがBack to Backを行うというモノ。

 

 

 

 

AIは人間がかけた曲のジャンルやテンポを判別し、その曲と自然につながる曲を選曲してキレイに繋いで流す。でもAIは人間じゃないので、突拍子のない選曲、例えばアップテンポのテクノの次にフリージャズをつないだりということをやるらしいです。

 

 

 

しかもAIが流す曲は、DJ側で準備するらしいので、リカックスも結構攻めた曲を入れ込んでどうなるか試してみる的なことを言ってました。

 

 

 

リカックスとYCAMという最高の組み合わせ。

 

とても楽しみだ〜

 

 

 

 

 

リカックスのポーズを隣で真似ることで、リカックスと僕とその他大勢みたいに見える集合写真が撮れました(家宝にします)。

 

皆さんも有名人と集合写真を撮る際にこの手法を使ってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

DJって釣りみたい

 

どちらも針を落とすってね

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ずっと僕が待ち焦がれる恋のような素晴らしさよ

先日受けた健康診断の結果が送られてきました。

 

とりあえず、数値を見てもよくわからないので、保健師さんからのコメントを読むと

 

「運動習慣の無い方は通勤時や仕事中などの合間を利用して小刻みに身体を動かす習慣を取り入れましょう。」

 

「小刻みに身体を動かす」。。。

 

とのことで、今日はちょくちょくサバみたいに小刻みに震えながら仕事をしています。

 

これじゃキーボードが打ちずらくて間違ってんばdあsdfghjkl;:うぇrちゅいゅytrぇw

 

あっすみません、小刻みに動いてました。

 

 

 

 

どうも鶴川談志です。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり運動ってしなきゃいけないんですかね〜。

 

どうも運動が嫌いなもので、、、なにか僕のやる気が出るような運動ってないかな〜と思って調べたので、最新のスポーツ事情についてお話します。

 

 

 

 

まず最初に11月に山口で開催されるイベント

 

「第2回 未来の山口の運動会」

 

これはまず「YCAMスポーツハッカソン2017」という三日間の合宿形式のイベントの中で作った未来のスポーツを、翌日の未来の山口の運動会で行うというモノ。

 

要するに、VRとかみたいな最新のテクノロジーを使った新しいスポーツとかを開発して、みんなでやってみようというイベントです。

 

これが前回の様子の動画です。とにかく動画を見てもらったらわかりますw

 

 

Sports Hackathon & Yamaguchi Future Sports Day from YCAM on Vimeo.

 

 

すごいですよね〜。ちなみに場所は僕の大好きな山口情報芸術センターことYCAM(ワイカム)で11月5日に開催されるようです。

詳しくは公式ホームページからご確認ください。

 

http://www.ycam.jp/

 

 

 

 

 

それとこのイベントの紹介をしていて伊集院さんが昔ラジオで言ってた「ゆるスポーツ」ってのを思い出したので一緒に紹介しておきます。

 

ゆるスポーツの説明は「世界ゆるスポーツ協会」の公式サイトがあったのでそこから抜粋します。

 

 

「ゆるスポーツ。それは、年齢・性別・運動神経に関わらず、だれもが楽しめる新スポーツ。

超高齢社会でスポーツ弱者が多い日本だからこそ生み出せるみんなのスポーツ。

勝ったらうれしい、負けても楽しい。多様な楽しみ方が用意されているスポーツ。

足が遅くてもいい。背が低くてもいい。障がいがあっても大丈夫。

あなたのスポーツが、必ず見つかります。」

 

 

まさに僕のような運動音痴の為に考えられたような理念ですね。

 

世界ゆるスポーツ協会の公式サイトには結構たくさんのスポーツが紹介されてるんですが、

 

気になるものをいくつか紹介します。

 

 

 

まずこれはハンドソープを手につけてヌルヌルの状態でやるハンドソープボール。

 

運動も出来て手もキレイになって一石二鳥です。

 

 

 

 

 

 

激しく動かすと泣いちゃう赤ちゃんみたいなボールを使って、泣かないようにプレイするバスケ「ベビーバスケ」

 

 

湯呑みを使ってデジタルみかんを跳ね返す「こたつホッケー」

 

 

 

 

 

足つぼと椅子取りゲームを融合した。「イタイッス」

 

 

 

 

エレクトリック温泉。。。。もはやよくわかりませんw

 

他にも色んなゆるスポーツが紹介されてますので、気になる方は公式ホームページをチェックしてみてください

 

http://yurusports.com/

 

 

 

 

 

 

とまあ世の中には色んなスポーツがあるので、

 

僕もなにか自分にあったものを始めたいなと思います。

 

それまでの間は小刻みに動いときますsdfghjkl;ぽいうytrdsxcvbjk

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツって新製品みたい

 

どちらも反則(販促)には注意しないと

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 

 


俺の頭はもうMIDI SURFER MIND

先日、弊社のクレイジーガール戸田が、お店の予約時に漢字を聞かれたので、

 

「トビラのトにタンボのタでトダです。」と答えてお店に行ったら

 

「トビラダ様」って書いてあったというエピソードを話してたんですが。

 

トビラって「扉」だから、トビラのトとかないですから、「扉田様」になって当たり前じゃない?って話になりました。

 

26年間(ここを約30年って言ったら怒られた)自分の名前を間違っていた人を初めてみましたね。

 

 

 

 

 

どうも、鶴川談志です。

 

 

 

 

 

先日、「見つけ次第買う」と心に決めていた機材を見つけてしまったので、買うはめになってしまいました。

 

 

この子です。

 

20年近く前の商品なんですが、リズムマシンという機械です。

 

よくわからない人に「アダルトビデオのモザイク消す機械でしょ」とか思われたらまずいので。

 

今日はこういった電子音楽機器についてのブログをサクッと書きたいと思います。

 

 

 

 

題して、「今日からキミも小室のてっちゃん!みんな大好き電子楽器特集!」

 

※ざっくり説明なので、細かいとこや間違いはご了承下さい。

 

 

 

 

それではまず、電子楽器の基本とも言える「MIDI(ミディ)」というとても重要な規格について少しだけお話したいと思います。

 

むしろMIDIの存在さえ理解できればこの世の全てがわかってしまいます。

 

 

 

MIDIは簡単に言うと電子楽器の「楽譜」のような電気信号です。

 

例えば、ギターの音がなる電子楽器に「カエルの歌」のMIDI信号を送れば、ギターでカエルの歌が自動で演奏され、ピアノの音がなる電子楽器に信号を送ればピアノの音で自動演奏されます。

 

一番身近な例でいうと、カラオケはMIDIの情報を元に、カラオケ機の中にある楽器で曲を演奏するような構造になっています。

 

このことで生演奏のような重いデータではなく、MIDIの軽いデータのみとなるため、多くの楽曲の演奏が可能になるわけです。

 

 

 

 

このMIDIの仕組みを理解することで、色々なことが理解できるようになります。

 

例えば、色々な音を出すことが出来る「シンセサイザー」ですが。

 

皆さんが「シンセサイザー」と聞いて想像するのは

 

 

こういった物だと思うのですが。

 

MIDI信号で自動演奏をすれば、鍵盤は不要なわけです。

 

 

 

ですので、こういった、ツマミしかないシンセサイザーが存在することも理解出来るかと思います。

 

 

いまもうこのブログの女性閲覧者は皆無になっているかも知れませんが、

 

男性の閲覧者はこのメカメカした感じに興奮しているのではないでしょうか?

 

 

 

そんなかっこいい機材を操る肝心のMIDIデータはどうやって作るのか?

 

 

 

大きく分けると、パソコンで作る場合と、ハードウェアシーケンサーと呼ばれる機械で作る場合があります。

 

ちなみに僕は実は機械のシーケンサーで別の機械を自動演奏した経験がないので、正直あまり詳しくはわからないので、パソコンの方を中心に説明したいと思います。

 

 

パソコンのソフトを使いMIDIデータを書く場合は例えば以下の画像のような操作が一般的です。

 

 

なんとなくこの画像でも意味はわかると思うのですが、オルゴールやゲームのビートマニアのような感じで、左から順番に音がなっていく感じです。

 

この赤い線は実際にピアノの形をしたコントローラーで演奏を行なって入力することも出来ますし、マウス操作で書いていくこともできるので、演奏が出来ない人でも作曲を行うことが出来ます。

 

そしてここで作成したMIDI信号をケーブルを通して、シンセサイザーに送ったり、またパソコン内蔵のシンセサイザーアプリを鳴らすことで、音が鳴る仕組みになります。

 

 

 

 

 

ここで話は元に戻りまして。

 

 

僕が購入したコチラの機械

 

 

 

この機械は単体で、リズムのMIDIを作って演奏させることも出来るのですが、

 

僕はパソコンで作成したドラム演奏のMIDIデータをこのリズムマシンに送って使おうと思っています。

 

 

 

いまの時代、こんな感じでいろんな機材がアプリ化されているのですが、やっぱり実機は魅力的。。。かっこいいもの。

 

これから色んな機材を集めて、最終的にはこんな感じの宇宙船の操縦室みたいなセットが作りたいです。

 

 

 

こんなわけの分からないブログを最後まで読んでくれた方。

 

ありがとうございます。

 

 

僕の宇宙船セットが完成した際のライブ入場料を300円割引にしますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

MIDIってお遊戯会の出し物みたい

 

どちらも自動(児童)の演奏ってね

 

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いにしえって「古」って書くんですね。

最近工事現場で、麦わらのツバが付いたヘルメットをよく見かけませんか?

 

工事の機材とかってどんどん新しい物が出てきて、最先端をいってる気がするんですが。

 

そこで麦わら素材ってのがすごく違和感を感じます。

 

え?最先端の日よけはそれ?!?的な感じです。

 

ただ僕は、色々な物において、昔から長く使われているものこそ至高だと思っているので、少しうれしい違和感です。

 

ちなみにいまネットで調べてみたら、あれはヘルメットのツバではなくて、後付のバイザーみたいです。

 

シャンプーハットみたいになってるって事ですね。

 

まだまだ暑い日が続きますので、工事現場の皆さんも熱中症等には気をつけてくださいに。

 

 

 

 

どうも鶴川談志です。

 

 

 

 

 

 

 

では早速、最近の気になるニュースを鶴川談志がぶった切る。

 

ニュースde談志のコーナーです。

 

 

 

最初の気になるニュースはこちら

 

「医者が手術中に流す曲ランキングが発表」

http://fnmnl.tv/2017/08/12/35505?articleview=more

 

 

最近話題の音楽ストリーミングサイトの『Spotify』と健康ケアアプリ『Figure 1』がアメリカの医者たちを対象にリサーチしたようです。

 

一番人気のジャンルはロックで、なかでもメタリカ、レッド・ツェッペリン、AC/DCが人気らしいです。

 

ブラックジャックの中でも似たような話がありましたね。たしか検閲の厳しい国の医者がこっそり手術室で音楽を聞くって話。

 

 

ちなみに上記にもあるレッド・ツェッペリンの代表曲と言えば「天国への階段」。。。

 

ちょっと手術中には流れてほしくない曲ですねw

 

 

 

『Spotify』では医者がよく聞く手術用のプレイリストを公開しているようです。

 

これを聞きながらブラックジャック気分を味わいましょう。

 

 

 

 

 

 

続いてのニュースはこちら

 

神戸の「繁昌亭」、名は「喜楽館」 文枝さんら出席し起工

https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201708/0010467165.shtml

 

 

上方落語の定席となる演芸場が、神戸にも出来るようです。

 

要は毎日落語をやっているホールが出来るわけです。

 

ざっくりと説明すると、落語は大きく東京と大阪の二箇所を拠点にしていて、東京には多くの定席があるのに対して、大阪にはなかったんです。

 

これじゃいかんということで、桂文枝(旧桂三枝)さんらが呼びかけて、2006年に60年ぶりの定席復活となる、天満天神繁昌亭を作ったわけです。

 

そこからの関西第二弾として神戸にも「喜楽館」という定席が作られるということらしいです。

 

 

 

僕的にはそのまま第四弾くらいで九州にも定席が出来てくれればと思っています。

 

AKBグループの劇場並に日本中にできてほしいですね。

 

映画を見に行くような気軽な感覚で寄席に行きたいものです。

 

 

 

 

 

以上最近の気になるニュースでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のヘルメットって擦り傷みたい

 

どちらもツバをつけときゃ大丈夫ってね。

 

 

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


GOTTON JAMXXX

地球のご当地キャラ「地球くん」というかなり反則なやつを発見しました。

 

ご当地キャラを市町村単位じゃなくて、様々な観点で割り当てなおしても良いかもですね。

 

福岡、福島、福井のゆるキャラ「福くん」とか

 

長崎、京都、長野、北海道のゆるきゃら「九州の学校の修学旅行先くん」とか

 

いろいろ作りたいですね〜

 

 

 

 

 

どうもゆる川談志です。

 

 

 

 

先日、昔ブログでも紹介したLicaxxxのDJを見に行って、一緒に写真まで撮ってもらいました。

 

過去ブログ参照

 

一緒に写真を撮ってもらった事で興奮しすぎて、帰り道でカラテカの入江さんとデッカチャンとすれ違ったのを今日までてっきり忘れてました。

 

そんなLicaxxxを初めて知ったのは去年の10月頃なんですが、あれからラジオ番組を持ったり、テレビでレギュラー番組を持ったり、

 

さらにLicaxxxは今日から開催の日本最大級の音楽フェス『フジロック』で三番目くらいに大きい5000人収容のステージでのプレイが決定したり、どんどん人気が出てきてる印象です。

 

さすがックスですね。

 

 

 

そんなことを色々考えてるとやっぱりフェス行きたいな〜って気分になりますよね〜?

 

広いステージで大音量に包まれたい。。。

 

そんな皆さんに、来週開催のステキなフェス情報をお届け!

 

 

そうです。8月5日(土)は待ちに待ったGOTTON JAMの開催です。

 

GOTTON JAMは嘉穂劇場での開催なので、屋内フェスです。

 

ただこれは個人的な感覚にはなるんですが、嘉穂劇場はライブハウス特有の防音によるツーンとした感じがなく、音が気持ちよく広がる感じが最高に気持ちが良いんです。

 

なんかずっと聴いていると、どんどん会場が広がってんじゃないかっていう感覚になるのは僕だけじゃないはず!

 

ちなみに過去映像も公開中です!

 

 

出演アーティストはJ.A.M (piano trio from SOIL & "PIMP" SESSIONS)/バンバンバザール/HABANA/melotronmelon/new moon

 

どのアーティストも最高なんですが、しいていうなら僕の一押しはHABANA。

 

民族楽器好きの僕からすると、HABANAが演奏に用いるインドのシタールとオーストラリアのディジュリドゥは憧れの楽器!

 

ディジュリドゥはシロアリの侵食により空洞になったユーカリの木をぶった切った楽器なんですが、僕は本物のディジュリドゥは高いので、竹から自作したほど好きです。

 

シタールというとビートルズやローリング・ストーンズも用いた事でおなじみの、古くからロックとの相性がいい楽器です。

ビートルズのNorwegian Wood のあの印象的なメロディを奏でてる楽器ですね。

 

そんな世界の楽器を見事に融合させ消化した演奏は圧巻!さらにその音が嘉穂劇場に響き渡るとなると、、、想像しただけで震えますね。

 

 

 

さらに今回のGOTTON JAMは以前にも好評だった筑豊の酒造とのコラボで、なんと500円のおちょこを購入すると四酒蔵がオススメする夏のお酒が無料で試飲できます!

 

 

 

前売り券はドリンク代込の3,900円

 

WEB上または、セブンイレブンで購入可能です

 

【電話】0570-02-9999
【WEB】http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1732658
【Pコード】338-462
【店頭】セブンイレブン

 

皆さんのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

民族楽器って、盗塁を刺すピッチャーみたい

 

どちらも走者(奏者)を見逃せない

 

 

 

 

おあとがよろしいようね。

 

 


俺クション

新入社員のうずこさんの加入によるブログシャッフルのおかげでかなり久しぶりの投稿になります。

 

どうも鶴川談志です。

 

 

 

 

今回は僕が日頃、観光地やイベントに行った際に購入したり、お土産でもらったりしたクリアファイルコレクションを、部門別に紹介して行きたいと思います。

 

 

 

題して

 

 

 

「これが俺のコレクション!持ってるクリアファイル一挙公開スペシャル!」

 

 

 

 

まずは一番数が多いのが「美術展部門」

 

 

最近行ったディックブルーナ展から、九州国立博物館で一人で2時間並んだでおなじみの興福寺の阿修羅展などなど、、、

 

 

 

これは左は以前にいったラーメンズの小林健太郎氏の個展のモノで、右はつい先日行ったラーメンズの片桐仁氏の個展のモノです。

 

どちらもたまたま行っただけで、特にラーメンズがすきというわけではないのですが、弊社DRAGON同様(過去ブログ参照

 

いま絶賛ラーメンズにハマってます。

 

現在、弊社のラーメンズマニアのカメラマン松尾に大量のDVDを借りて見ているところです。

 

 

 

 

 

つづいては「観光地部門」

 

 

いや〜行ってないですね〜、、、ほとんど貰い物です。

 

 

ちゃんと行ったところで想い出深いのは、コチラのさいたま市にある鉄道博物館。

 

タモリ倶楽部で行ってたとこに行く!という僕のなかでかなり贅沢な体験でした。

 

 

 

 

 

 

つづいては「キャラクターとかイベント部門」です。

 

 

 

そうです。なんとも適当な分け方の部門です。もともとキャラクター部門とイベント、音楽部門に分けてたんですが、、、

 

ちなみにゴジラが大半をしめる結果となりました。

 

 

 

 

次は「企業公共PR部門」です。

 

 

アップルのクリアファイルは最初もらったときは興奮したのですが、会社のマックを修理に出すたびにもらえるので、ありがたみが減りましたね。

 

 

お気に入りはうどん県。お箸との大きさのバランスで全然うどんに見えないとこが愛らしいですね。

 

 

ざっくり紹介しましたが、これだと何だか魅力が伝わりません。。。

 

 

 

 

というわけで。

 

僕のお気に入りベスト5を発表します。

 

 

 

第5位 

長崎県立美術館 クリムト”黄金の騎士”をめぐる物語 (2013年2月22日(金)〜2013年4月7日(日))

 

 

これ写真じゃ伝わりませんが、キンキラキンなんですよね。

 

クリムトといえばのキンキラキンな感じがお気に入りです。

 

 

 

 

第4位 

北九州漫画ミュージアム アニメ化40周年 ルパン三世展 (2012年11月3日〜12月28日)

 

 

 

ルパンとゴエモンが重なってるんですが、この感じがアニメのセル画みたいでお気に入りですね。

 

あとルパンのタッチがいいですね。

 

 

 

第3位 

横浜 カップヌードルミュージアム

 

 

このカップヌードルは実は全面と裏が別れており

 

 

 

 

白い紙を入れると中の麺が消えてカップラーメンの状態になります。

 

ちなみになんとベスト3は全てお土産です。いや〜僕ももっと出かけたい。。。

 

 

 

第2位 

函館

 

 

これは一見なんの変哲もないのですが、、、、

 

 

白い紙を入れるとなんと夜景からお昼の景色に変わります。

 

さっきのカップヌードルに近いのですが、より予想外の動きです。

 

 

第1位

沼津港深海水族館

第一位にしてなんの仕掛けも無いクリアファイルのランクインです。
これは深海の生き物が家紋のようなデザインになっているのが特徴です。
このウバザメのシンメトリー感はなんともいいですね。

それとメインで載ってるラブカはまさにシンゴジラの蒲田くん。

 

かわいいですね〜

 

 

 

 

 

以上ベスト5でした。

 

 

ちなみに全部並べた状態がコチラ

 

 

 

厚みでいうとこのくらいなんですが、以外と100枚程度しかありませんでした。

 

 

以前もらった大量のAKBも幅をとっているのもあるのかもしれません。。。

 

大島優子かわいい。。。

 

 

 

 

あらためて自分のコレクションを見ていて、とにかくお土産が多い気がしました。

 

自分が美術館では結構買うんですが、お土産屋さんでは見逃しがちなのかもしれません。。。

 

今後はしっかり見逃さず集めていきたいと思います。

 

 

 

それともっといろんなとこに行きたいですね。

 

 

 

 

クリアファイルってヘアピンみたい

 

どちらも髪(紙)をはさみます。

 

 

 

 

おあとがよろしいようで

 

 

 

 


最近は適度に雲を蒔いたような気持ちのいい天気が続いてますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

 

あと数日で5月も終わりなので、もし5月病が辛いという方ももう少しの辛抱。。。

 

6月になれば気持ちを切り替えて、雲を蒔いたような気持ちで望めるかと思います。

 

この世に6月病というのがあったら心配ですが、、、

 

そんな私はDJをやったりして充実したゴールデンウィークを過ごしたおかげで、ばっちり元気にやっております。

 

いままで地道に雲を蒔いていたかいがありました。

 

 

 

 

どうも、雲川談志です。

 

 

 

 

え?雲を蒔くってどういう意味?

 

って思った方も多いかと思います。「雲を蒔く」というのは飯塚市役所新庁舎内にオープンしたチクスキ編集部プロデュースのカフェです。

 

「雲を蒔く」という言葉のふんわり感が好きで、意味はデタラメでなんとなく言葉の雰囲気だけでよく使ってますw

やっぱり口にしたくなるって大事ですね。名前だけでも覚えてってくださ〜いって感じですねw

 

ちなみに雲を蒔くはこだわりの地元食材を使った料理や、絶品コーヒーが病みつきになること間違いなしのおしゃれなカフェ!

それと市役所の広大な駐車場に駐車できるので、サラッと立ち寄れるのも嬉しいですね。店内は広々としててゆっくりも出来ますし、テイクアウトも充実してます。

 

雲を蒔いたような気分の時や、雲を蒔いたあとのちょっとしたブレイクタイムに是非一度お立ち寄りください。

 

 

 

 

先日そんな雲を蒔くの責任者をやっております、弊社プロデューサーの小野田と雑談をしていた時、

 

僕が最近気づいた人間のカラダの疑問を投げかけてみました。

 

「カラダは基本的に人間を守るために、痛みを感じたり、違和感を感じることで危険信号を出したり、内蔵はせっせと栄養を消化したり頑張っているのに、美味しいものがカラダに悪かったりするってことはカラダの中で味を感じる“舌”だけは人間を殺しにかかってますね」

 

するとプロデューサーは

 

「美味しいものを食べることの喜びとかが、カラダに一番いいって判断してるんじゃないかな」

 

と言いました。

 

これが僕の最近の踊るヒット賞です。

 

 

 

 

 

ということで、現在人生の最大体重記録を絶賛更新中のわたくしは、好き放題くって痩せる方法ないかな〜ってことでググってみました。

 

まず最近ダイエットの主流となっている炭水化物を抜く方法。最近弊社の代表もこの方法で10kg痩せたことをブログにて発表してました。→とりあえず水飲んどけ

 

このブログにもあるようにお米っていうのは美味しくて我慢できないんですよね。そこでストレートに「お米ダイエット」で検索してみたところ、これが以外と出てくるんですよ。

 

お米を食べてダイエットができる。そんな事が可能なのか?!?!

 

ちょっとだけ調べたところ「お米6に対しおかずが4という割合」で食べれば2ヶ月で10kg痩せられるらしいです。2つの意味で、そんなうまい話あるのか?って思いましたよね。

 

 

調子にのって、まだまだあるかな〜っと。太るといえばの代名詞「ポテトチップスダイエット」でググってみました。

 

するとまあ、「ポテトチップスダイエットで痩せる7つのコツ」が見事にヒット。

 

ほかにも唐揚げダイエットとかも見つけました。とにかくどんなものでも後ろにダイエットってつけたら何かしらみつかるので、皆さんも試してみてください。

 

こんなに色んなダイエット方法があるということは、なにもせずに痩せてる人たちっていうのはこういった組み合わせで何かしらのダイエットを常にやってる状態なんじゃないか?とか想像しました。

 

 

 

とりあえずお米ダイエットはもうちょっと調べて試したいな〜って思いました。

 

次回のブログまでに10kgくらい痩せてたらすごいですね。

 

 

 

よし、今日からせっせと雲を蒔くとするか!

 

 

 

雲を蒔くって村上春樹の騎士団長殺しみたい

 

どちらも新庁舎(新潮社)で話題ってね。

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 


毛づくろい

勝手なイメージですが、トマトが好きな人は明るくて活発な人が多い気がします。

 

じゃあトマトを食べればそうなるのかというと、そうでもないと思います。

 

なぜならトマト嫌いなのに、毎日我慢してトマトを食べている僕が一向に明るくならないからです。

 

 

 

どうも鶴川談志です。

 

 

 

 

 

 

 

さて今日はどんなブログを書こうかなと思って、弊社スタッフに「なにかお題ありますか?」と聞いたら。

 

「毛づくろい」

 

と言われました。

 

難しい。。。

 

 

 

とりあえずwikipediaの信憑性の薄い情報をもとに書いてみますので、話半分に御覧ください。

 

 

とりあえず毛づくろいはまたの名を“グルーミング”というらしく、パッと聞いた感じだと、70年代のヒッピー風のファッションをしたファンキーな黒人ベーシストが、「おい、ここのドラムはもっとグルーミングに叩いてくれよ」みたな感じで使う言葉っぽいですよね。

 

そんなグルーミングですが、基本はカラダについた寄生生物などを取り除く掃除の様な行動のようです。

 

でもそれだけでは無いらしく、

 

性的もしくは性的な行為、特に自慰的な行為とグルーミングが結び付く種もある(コウモリの一部がそうである)

 

 

という大変興味深い一文がそっと添えられていました。

 

この辺を掘り下げて調べると、きっとブログには書いてはいけない内容になってくると思うので、、、

 

そしてそんなカラダのお掃除グルーミングは、大きく分けて自分自身に行うセルフグルーミング(もはや下ネタ感がハンパない)と、他の個体に対して行う社会的グルーミング(風俗感がハンパない)が有るらしく、社会的グルーミングの中でも気になる項目として「掃除屋」というものがありました。

 

自分よりも大きな種の生物のグルーミングに特化した種。ようするに他の人のカラダのゴミを主食としている生き物ということです。

 

インド洋・太平洋のサンゴ礁に分布するベラ類の掃除魚はクリーニング・ステーションという縄張りをもっていて、そこにホストと呼ばれる掃除を受ける大型の魚が掃除を受けにやってくるらしいです。

 

ホストに通うんじゃなくて、ホストが通ってくるという逆坂口杏里状態ですね。

 

しかもホストが肉食の魚の場合も掃除魚が捕食されることは無いらしいです。不思議ですよね。

あっ!ということは掃除魚の柄のルアーは釣果がさがりますね。気をつけとかないと。

 

 

 

最初に毛づくろいと聞いて、なんとなく自分の毛を整えるナルシズム的な行為かと思っていましたが、色々調べるとゴミを食べてもらう側と、食べたい側というウィンウィンな関係が自然にある感じを再認識して、なんとも不思議な感覚になりました。

 

 

今日は帰って早速セルフグルーミングでもするか。

 

 

え?

 

 

 

お風呂のことですけどなにか?

 

 

 

 

 

 

掃除魚って卒業式の在校生みたい

 

どちらも掃除(送辞)が終わるとさようなら。

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 


江戸っ子の蕎麦っ食いなもんで

桜の季節になりましたね。


桜を見るとあの日の少しすっぱい出来事を思い出します。


みんなでお花見をした夜。


何気なく飲んだコーラがピスタチオのカラ入れになってて、びっくりしてそのままゲロ吐いた思い出。


なんでも、美味しい卵豆腐をプリンだと言われて食べたらむちゃくちゃ不味いらしいので、


やっぱり予想もしてない出来事って、思わず拒否反応起こしちゃいますね。




まるで恋だな。。。

どうも鶴川談志バックトゥトーキョーです。








てなわけで、ただいま羽田空港でブログを書いております。(書き終えたら頃には城戸南蔵院前でした)


なんとなくノリで昨日からトーキョーに来てます。


弾丸トーキョーひとり旅です。



大した事はしてないですし、ましてやトーキョーというめちゃくちゃメジャーコンテンツで面白くないかもしれませんが、なんとなく旅の流れを紹介したいと思います。







まずは出発の朝。飯塚駅の裏ら辺で見つけた看板です。



あっ!やっぱ犬も恥ずかしいんだなと思わされた一枚です。




んで色々あって、成田到着!

成田からトーキョー行ったの初めてだったので驚異的な遠さに驚きました。てか東京に行くだけで3000円くらい交通費かかりましたよ。なんならそれだけで佐賀あたりに小旅行出来ますからね。


などとブツブツ言いながらとりあえず、前日にお風呂に入ってなかったので、銭湯に向かいました。





品川周辺でいい感じの銭湯調べたら見つけたとこです。


東京はどこもかしこもこんなテルマエロマエみたいな銭湯が残ってていいですね。


ちなみに品川駅で窪塚洋介さんと電車が一緒になりました。

チラチラ見てたら目があったので、なんか髪型とかファッションとか参考にされそうで怖いです。


そして銭湯では常連さんに『おっ!にいちゃん見ない顔だね?どこから来たの?』



と話しかけられる事もなく、くっさいくつ下をもう一回履くのか悩んだ挙句、素足で恵比寿に向かいました。



恵比寿には美容師をしている友達の店にサプライズで驚かせる為に行ったのですが。


お店のカウンターには携帯ショップの受付みたいなのがあって、ボタン押して待つシステムでした。

なんだこのハイテクシステムは!?!?とめちゃくちゃテンパってたとこで店員さんに話しかけられたので、とりあえず友達を呼んでもらって


『うぃーす』

『おーーなんで?』


みたいな感じで終わりました。あれはサプライズしてたんだろうか、、、



そしてアポなしで行ったにも関わらず友人宅に泊めてもらい、同時に友人の妻であり弊社スタッフでもある山藤の暖かい手料理と娘のコマ作先生(芸名)の笑顔に癒され、涙を流しました(目が潤う程度の)。



そして、落ち着いたところで渋谷クラブ活動。











さすがの東京も日曜は人が少なめ、それとやっぱり都会の方は客の入る時間が遅いらしく、3時くらいが一番多いらしいです。



長旅に疲れた僕は2時前には帰宅しました。



そして2日目の今日は友人も仕事の為、ひとりで浅草の寄席に




浅草以外にも新宿の末廣亭や、鈴本演芸場など、東京には色々寄席はありますが、ちょうど僕の好きな瀧川鯉昇さんが出てたので浅草演芸ホールにしました。










前回浅草に来た時は隣の東洋館にナイツが出ていて、そっちをみたので演芸ホールは初めてです。




二階建ての場内は飲食もオッケー、平日のお昼ということもあってお客さんもチラホラ。



僕は二階席に座り、隣の人たちはお弁当を食べてたので僕も食べようと思って売店に行ったら、売店にはお弁当はなかったので、なんとなくコーヒーを飲みました。


せめてお茶とか、もっと寄席っぽい雰囲気に近づければよかったと後悔してます。

場内はまさに寄席っぽい感じで、永谷園のお茶漬けみたいな色合いと提灯の明かりがあって、オンボロの椅子が並ぶなんとも情緒のある雰囲気。

そこで80近いんじゃないだろうかという老夫婦芸人による手品芸を見た瞬間に、僕はなんともいえない哀愁のようなものに包まれました。夢を見てるような、本当になんともいえない雰囲気でした。


そして肝心の瀧川鯉昇さんの話はというと、『男性は風邪を引いた時に色気がでる、女性は目を患った時に色気がでると昔から言われてますがー、逆はよろしくない』

というマクラから始まり、男女の色恋の話かと思いきや、目が悪くなって目医者に行って、目ん玉取り出してジャブジャブ洗っておいてたら犬に食われたから犬の目ん玉を代わりに入れましたって話でした。




しかもオチは『目は良くなったけど、電信柱みると片足上がるんです』


ってなことでした。


いい感じのクレイジー具合に震えました。



それとブログの冒頭の人間のような羞恥心のある犬は逆に人間の目を食べた方の犬なんじゃないか?といま気づきました。まさかの伏線回収ですね。


そして落語を見た後は蕎麦


なんせ僕は自称江戸っ子で蕎麦っくいなもんで、てなわけでこんなお店へ






ここで有名な落語の時そばに出てくるしっぽくそばをいただこうと思ったんですがなかったので花まき蕎麦をいただきました。







ここ数年、最高の休日の過ごし方があるとしたら、ゆっくり丸一日寄席にいたいって言ってたので実現できて何よりです。


そして実際やってみると、予想の3倍くらい哀愁があってよかったです。


あとはスカイツリーだの浅草寺だの行っておしまいです。



僕は基本的に音楽とお笑いが好きです。


ただ家で色々聞いたり、インターネットで調べたりするより、たまにはこうして渋谷のクラブに足を運んだり、浅草で落語みたりすると、


なんか初恋の感覚を取り戻すというか、再燃する感じがあっていいですね。


これからも色々なものに触れてなにかに興奮し続けたいなと感じました。




おまけ

ビートたけしの歌『浅草キッド』に、出てくる『煮込みしかないクジラ屋』





浅草ってお得な福袋みたい


どちらも中見せ(仲見世)過ぎたらお客が増える


おあとがよろしいようで


| 1/7PAGES | >>

NEW ENTRIES

RECENT COMMENT

STAFF

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

PROFILE

LINK

INFORMATION

CHIKUSKI*PASS

CHIKUSKI WEB

OTHERS