【平日更新】筑豊のフリーペーパー CHIKUSKI**のチクスキ編集部が日々綴るブログ

最近は適度に雲を蒔いたような気持ちのいい天気が続いてますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

 

あと数日で5月も終わりなので、もし5月病が辛いという方ももう少しの辛抱。。。

 

6月になれば気持ちを切り替えて、雲を蒔いたような気持ちで望めるかと思います。

 

この世に6月病というのがあったら心配ですが、、、

 

そんな私はDJをやったりして充実したゴールデンウィークを過ごしたおかげで、ばっちり元気にやっております。

 

いままで地道に雲を蒔いていたかいがありました。

 

 

 

 

どうも、雲川談志です。

 

 

 

 

え?雲を蒔くってどういう意味?

 

って思った方も多いかと思います。「雲を蒔く」というのは飯塚市役所新庁舎内にオープンしたチクスキ編集部プロデュースのカフェです。

 

「雲を蒔く」という言葉のふんわり感が好きで、意味はデタラメでなんとなく言葉の雰囲気だけでよく使ってますw

やっぱり口にしたくなるって大事ですね。名前だけでも覚えてってくださ〜いって感じですねw

 

ちなみに雲を蒔くはこだわりの地元食材を使った料理や、絶品コーヒーが病みつきになること間違いなしのおしゃれなカフェ!

それと市役所の広大な駐車場に駐車できるので、サラッと立ち寄れるのも嬉しいですね。店内は広々としててゆっくりも出来ますし、テイクアウトも充実してます。

 

雲を蒔いたような気分の時や、雲を蒔いたあとのちょっとしたブレイクタイムに是非一度お立ち寄りください。

 

 

 

 

先日そんな雲を蒔くの責任者をやっております、弊社プロデューサーの小野田と雑談をしていた時、

 

僕が最近気づいた人間のカラダの疑問を投げかけてみました。

 

「カラダは基本的に人間を守るために、痛みを感じたり、違和感を感じることで危険信号を出したり、内蔵はせっせと栄養を消化したり頑張っているのに、美味しいものがカラダに悪かったりするってことはカラダの中で味を感じる“舌”だけは人間を殺しにかかってますね」

 

するとプロデューサーは

 

「美味しいものを食べることの喜びとかが、カラダに一番いいって判断してるんじゃないかな」

 

と言いました。

 

これが僕の最近の踊るヒット賞です。

 

 

 

 

 

ということで、現在人生の最大体重記録を絶賛更新中のわたくしは、好き放題くって痩せる方法ないかな〜ってことでググってみました。

 

まず最近ダイエットの主流となっている炭水化物を抜く方法。最近弊社の代表もこの方法で10kg痩せたことをブログにて発表してました。→とりあえず水飲んどけ

 

このブログにもあるようにお米っていうのは美味しくて我慢できないんですよね。そこでストレートに「お米ダイエット」で検索してみたところ、これが以外と出てくるんですよ。

 

お米を食べてダイエットができる。そんな事が可能なのか?!?!

 

ちょっとだけ調べたところ「お米6に対しおかずが4という割合」で食べれば2ヶ月で10kg痩せられるらしいです。2つの意味で、そんなうまい話あるのか?って思いましたよね。

 

 

調子にのって、まだまだあるかな〜っと。太るといえばの代名詞「ポテトチップスダイエット」でググってみました。

 

するとまあ、「ポテトチップスダイエットで痩せる7つのコツ」が見事にヒット。

 

ほかにも唐揚げダイエットとかも見つけました。とにかくどんなものでも後ろにダイエットってつけたら何かしらみつかるので、皆さんも試してみてください。

 

こんなに色んなダイエット方法があるということは、なにもせずに痩せてる人たちっていうのはこういった組み合わせで何かしらのダイエットを常にやってる状態なんじゃないか?とか想像しました。

 

 

 

とりあえずお米ダイエットはもうちょっと調べて試したいな〜って思いました。

 

次回のブログまでに10kgくらい痩せてたらすごいですね。

 

 

 

よし、今日からせっせと雲を蒔くとするか!

 

 

 

雲を蒔くって村上春樹の騎士団長殺しみたい

 

どちらも新庁舎(新潮社)で話題ってね。

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 


毛づくろい

勝手なイメージですが、トマトが好きな人は明るくて活発な人が多い気がします。

 

じゃあトマトを食べればそうなるのかというと、そうでもないと思います。

 

なぜならトマト嫌いなのに、毎日我慢してトマトを食べている僕が一向に明るくならないからです。

 

 

 

どうも鶴川談志です。

 

 

 

 

 

 

 

さて今日はどんなブログを書こうかなと思って、弊社スタッフに「なにかお題ありますか?」と聞いたら。

 

「毛づくろい」

 

と言われました。

 

難しい。。。

 

 

 

とりあえずwikipediaの信憑性の薄い情報をもとに書いてみますので、話半分に御覧ください。

 

 

とりあえず毛づくろいはまたの名を“グルーミング”というらしく、パッと聞いた感じだと、70年代のヒッピー風のファッションをしたファンキーな黒人ベーシストが、「おい、ここのドラムはもっとグルーミングに叩いてくれよ」みたな感じで使う言葉っぽいですよね。

 

そんなグルーミングですが、基本はカラダについた寄生生物などを取り除く掃除の様な行動のようです。

 

でもそれだけでは無いらしく、

 

性的もしくは性的な行為、特に自慰的な行為とグルーミングが結び付く種もある(コウモリの一部がそうである)

 

 

という大変興味深い一文がそっと添えられていました。

 

この辺を掘り下げて調べると、きっとブログには書いてはいけない内容になってくると思うので、、、

 

そしてそんなカラダのお掃除グルーミングは、大きく分けて自分自身に行うセルフグルーミング(もはや下ネタ感がハンパない)と、他の個体に対して行う社会的グルーミング(風俗感がハンパない)が有るらしく、社会的グルーミングの中でも気になる項目として「掃除屋」というものがありました。

 

自分よりも大きな種の生物のグルーミングに特化した種。ようするに他の人のカラダのゴミを主食としている生き物ということです。

 

インド洋・太平洋のサンゴ礁に分布するベラ類の掃除魚はクリーニング・ステーションという縄張りをもっていて、そこにホストと呼ばれる掃除を受ける大型の魚が掃除を受けにやってくるらしいです。

 

ホストに通うんじゃなくて、ホストが通ってくるという逆坂口杏里状態ですね。

 

しかもホストが肉食の魚の場合も掃除魚が捕食されることは無いらしいです。不思議ですよね。

あっ!ということは掃除魚の柄のルアーは釣果がさがりますね。気をつけとかないと。

 

 

 

最初に毛づくろいと聞いて、なんとなく自分の毛を整えるナルシズム的な行為かと思っていましたが、色々調べるとゴミを食べてもらう側と、食べたい側というウィンウィンな関係が自然にある感じを再認識して、なんとも不思議な感覚になりました。

 

 

今日は帰って早速セルフグルーミングでもするか。

 

 

え?

 

 

 

お風呂のことですけどなにか?

 

 

 

 

 

 

掃除魚って卒業式の在校生みたい

 

どちらも掃除(送辞)が終わるとさようなら。

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 


江戸っ子の蕎麦っ食いなもんで

桜の季節になりましたね。


桜を見るとあの日の少しすっぱい出来事を思い出します。


みんなでお花見をした夜。


何気なく飲んだコーラがピスタチオのカラ入れになってて、びっくりしてそのままゲロ吐いた思い出。


なんでも、美味しい卵豆腐をプリンだと言われて食べたらむちゃくちゃ不味いらしいので、


やっぱり予想もしてない出来事って、思わず拒否反応起こしちゃいますね。




まるで恋だな。。。

どうも鶴川談志バックトゥトーキョーです。








てなわけで、ただいま羽田空港でブログを書いております。(書き終えたら頃には城戸南蔵院前でした)


なんとなくノリで昨日からトーキョーに来てます。


弾丸トーキョーひとり旅です。



大した事はしてないですし、ましてやトーキョーというめちゃくちゃメジャーコンテンツで面白くないかもしれませんが、なんとなく旅の流れを紹介したいと思います。







まずは出発の朝。飯塚駅の裏ら辺で見つけた看板です。



あっ!やっぱ犬も恥ずかしいんだなと思わされた一枚です。




んで色々あって、成田到着!

成田からトーキョー行ったの初めてだったので驚異的な遠さに驚きました。てか東京に行くだけで3000円くらい交通費かかりましたよ。なんならそれだけで佐賀あたりに小旅行出来ますからね。


などとブツブツ言いながらとりあえず、前日にお風呂に入ってなかったので、銭湯に向かいました。





品川周辺でいい感じの銭湯調べたら見つけたとこです。


東京はどこもかしこもこんなテルマエロマエみたいな銭湯が残ってていいですね。


ちなみに品川駅で窪塚洋介さんと電車が一緒になりました。

チラチラ見てたら目があったので、なんか髪型とかファッションとか参考にされそうで怖いです。


そして銭湯では常連さんに『おっ!にいちゃん見ない顔だね?どこから来たの?』



と話しかけられる事もなく、くっさいくつ下をもう一回履くのか悩んだ挙句、素足で恵比寿に向かいました。



恵比寿には美容師をしている友達の店にサプライズで驚かせる為に行ったのですが。


お店のカウンターには携帯ショップの受付みたいなのがあって、ボタン押して待つシステムでした。

なんだこのハイテクシステムは!?!?とめちゃくちゃテンパってたとこで店員さんに話しかけられたので、とりあえず友達を呼んでもらって


『うぃーす』

『おーーなんで?』


みたいな感じで終わりました。あれはサプライズしてたんだろうか、、、



そしてアポなしで行ったにも関わらず友人宅に泊めてもらい、同時に友人の妻であり弊社スタッフでもある山藤の暖かい手料理と娘のコマ作先生(芸名)の笑顔に癒され、涙を流しました(目が潤う程度の)。



そして、落ち着いたところで渋谷クラブ活動。











さすがの東京も日曜は人が少なめ、それとやっぱり都会の方は客の入る時間が遅いらしく、3時くらいが一番多いらしいです。



長旅に疲れた僕は2時前には帰宅しました。



そして2日目の今日は友人も仕事の為、ひとりで浅草の寄席に




浅草以外にも新宿の末廣亭や、鈴本演芸場など、東京には色々寄席はありますが、ちょうど僕の好きな瀧川鯉昇さんが出てたので浅草演芸ホールにしました。










前回浅草に来た時は隣の東洋館にナイツが出ていて、そっちをみたので演芸ホールは初めてです。




二階建ての場内は飲食もオッケー、平日のお昼ということもあってお客さんもチラホラ。



僕は二階席に座り、隣の人たちはお弁当を食べてたので僕も食べようと思って売店に行ったら、売店にはお弁当はなかったので、なんとなくコーヒーを飲みました。


せめてお茶とか、もっと寄席っぽい雰囲気に近づければよかったと後悔してます。

場内はまさに寄席っぽい感じで、永谷園のお茶漬けみたいな色合いと提灯の明かりがあって、オンボロの椅子が並ぶなんとも情緒のある雰囲気。

そこで80近いんじゃないだろうかという老夫婦芸人による手品芸を見た瞬間に、僕はなんともいえない哀愁のようなものに包まれました。夢を見てるような、本当になんともいえない雰囲気でした。


そして肝心の瀧川鯉昇さんの話はというと、『男性は風邪を引いた時に色気がでる、女性は目を患った時に色気がでると昔から言われてますがー、逆はよろしくない』

というマクラから始まり、男女の色恋の話かと思いきや、目が悪くなって目医者に行って、目ん玉取り出してジャブジャブ洗っておいてたら犬に食われたから犬の目ん玉を代わりに入れましたって話でした。




しかもオチは『目は良くなったけど、電信柱みると片足上がるんです』


ってなことでした。


いい感じのクレイジー具合に震えました。



それとブログの冒頭の人間のような羞恥心のある犬は逆に人間の目を食べた方の犬なんじゃないか?といま気づきました。まさかの伏線回収ですね。


そして落語を見た後は蕎麦


なんせ僕は自称江戸っ子で蕎麦っくいなもんで、てなわけでこんなお店へ






ここで有名な落語の時そばに出てくるしっぽくそばをいただこうと思ったんですがなかったので花まき蕎麦をいただきました。







ここ数年、最高の休日の過ごし方があるとしたら、ゆっくり丸一日寄席にいたいって言ってたので実現できて何よりです。


そして実際やってみると、予想の3倍くらい哀愁があってよかったです。


あとはスカイツリーだの浅草寺だの行っておしまいです。



僕は基本的に音楽とお笑いが好きです。


ただ家で色々聞いたり、インターネットで調べたりするより、たまにはこうして渋谷のクラブに足を運んだり、浅草で落語みたりすると、


なんか初恋の感覚を取り戻すというか、再燃する感じがあっていいですね。


これからも色々なものに触れてなにかに興奮し続けたいなと感じました。




おまけ

ビートたけしの歌『浅草キッド』に、出てくる『煮込みしかないクジラ屋』





浅草ってお得な福袋みたい


どちらも中見せ(仲見世)過ぎたらお客が増える


おあとがよろしいようで


ちょっとひっぱりながら

久しぶりに大好きな「耳をすませば」を見てて、「やな奴やな奴やな奴やな奴」でおなじみ主人公の恋人役の天沢聖司くんの声優が、今人気の高橋一生さんだと知りました。

 

ついでに主人公の月島雫の声優さんを調べたら「本名 陽子」とありました。

 

いや、じゃあ芸名は?って思ったと思うんですが、本名 陽子とかいて“ほんな ようこ”さんという方でした。

 

世の中にはややこしい名前の人がいるもんですね。

 

 

 

どうも鶴川談志です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、爆笑問題のサンデー・ジャポンというテレビ番組で、宅配便の時間帯指定配達の話をしてて、

 

グラビアアイドルの久松郁実さんが「申し訳ないとは思うけど、すっぴんだったりノーブラの時は居留守使っちゃいます。でもどうしても受け取りたい荷物の時は、ノーブラがバレないようにちょっとTシャツをひっぱりながら出ます」って言ってて。

 

は?エロっ!!!って思いました。さりげないエロのはさみ方にプロの実力を感じました。

 

 

 

そんなことはさておき、女性はもちろんですが、男性でもやっぱり乳首が透けてしまう、もしくはポチっと浮いてしまうのは恥ずかしいですよね?

 

特に白いTシャツは、もはや乳首が見えるのはデザインだと言わんばかりに透けてて困ります。

 

そんな皆さんの悩みを解決してくれる、ビジネスシーンでも使える正装としての白Tをコンセプトに開発された「乳首の透けない白Tシャツ“正装白T”」が発売されてました。

 

 

乳首が透けない白Tシャツ「正装白T」がたちまち完売の人気ぶり 2年の開発経緯を聞いた

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/07/news047.html

 

 

 

ちなみにこのTシャツの話を知り合いにしたら

 

「じゃあ乳首に絆創膏はっとけばいいじゃないですか?」

 

って言われました。

 

僕は乳首に絆創膏を貼っているとこが透けるくらいなら乳首が透けたほうがまだマシだと思いました。

 

価値観ってひとそれぞれですね。

 

 

 

ちなみにこのTシャツのお値段は税抜き9000円とすこしお高いですが、MADE IN JAPANにこだわっててなんかいい感じみたいです。追加生産の際は一枚ほしいな。

 

 

 

 

 

正装白Tって週間文春みたい

 

どちらも注目のアツい(厚い)記事(生地)

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 


プライスレス

皆さん!バレンタインデーですよ!

 

どうですか?想い伝えてますか?

 

想いを伝えるのって結構勇気がいりますよね?

 

僕も以前に、この人なら僕の気持ちをわかってくるんじゃないかっていう同じひねくれ者系の人に、

 

「僕は昔ストレートタイプの携帯が好きだったんですけど、当時は折りたたみが主流で、”そんな画面剥き出しの携帯じゃ画面に傷がつくからイヤだ”って散々言われたんですよ。で、当時そう言ってた人達を集めて、”ちょっとみんな携帯見せてください”と言って、、、」

 

っと言った段階で「え?めちゃくちゃ性格悪いですね」って言われました。

 

気持ちを伝えるのって難しいですね。

 

 

 

 

どうもチョコ川談志(ボタニカ3Fにて絶賛チョコ受付中)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は前に弊社スタッフがやってて僕もいつかやろうと思ってた「いま欲しいものブログ」を書こうと思います。

 

それでは行ってみましょう。

 

鶴川談志のテレフォンショッピング!

 

 

 

 

1. 好きな色をスキャンして使えるペン「Scribble」

 

ペンを実際の物に当てるだけで、その色を感知して、中のインクをうまく混ぜてその色に変わってくれるペン。

全裸になって地面に横たわって、地面の色をスキャンして体中を塗れば忍法隠れ身の術が使えますね!

 

 

お値段 57,390円(2017/5発売予定)

 

 

 

 

 

2. 腕時計型サブウーファー「The Basslet」​

 

なんと腕時計型のサブウーファー(低音がズンズンなるスピーカー)。全く意味がわかりません。
百聞は一見にしかずとはこの製品の為の言葉ですね。

 

 

一台16000円程度 ? (まだ販売してるとこが見つかりませんでした。)

http://fnmnl.tv/2016/07/13/3279?articleview=more

 

 

 

 

 

3. ギターの指を置く場所をLEDランプで教えてくれる「Fret Zeppelin」​

 

ギターのどこを抑えたらいいのかランプで教えてくれるその名もFret Zeppelin!名前がいいですね〜。レッド・ツェッペリンとかけてるんですね。これからギターを始める方にはオススメです。

 

 

こちらもまだ製品化されてる感じではないですが、199ドル(約2万2700円)の出資プランでFret Zeppelinを1つ、369ドル(約4万2000円)で2つをゲットできるらしいです。

http://gigazine.net/news/20170117-fret-zeppelin/

 

 

 

 

 

4. カメラ機能付き「ドローン内蔵型スマホケース」

 

ドローンで自撮りしようというコンセプトが散らかってしまってる感のある製品なんですが、簡単に言うと小型のドローンですね。ドローン好きと自撮り好きって層が結構真逆な気がしますが、その間にいるなんとも危うい製品。ただ料金が約34,600円と比較的低価格なので良いかも。

 

 

こちらもまだ正式には発売されてないようです。

約34,600円

http://tabi-labo.com/279515/airselfiedrone/?ref=tw

 

 

 

 

 

5. あらゆるものを採寸できるレーザーペン型メジャー

 

ペンから出るレーザーを当てるだけだから、どんな形状の物でも採寸することができます。これさえあれば、、、、使いみちが思いつかない。。。

 

 

「クラウドファウンディングで資金調達にも成功、発売は200ドル(約2万3,000円)を予定しているようで(早期割は50ドルOFF)、日本への輸送もしてくれるみたいです。」とのことです。

 

http://tabi-labo.com/279761/dimensioninginstrument/?ref=tw

 

 

 

 

 

5. 行動パターンから自動的に自分にぴったりのオーダーメイドの一着を作ってくれるアプリ「Data Dress」

 

これはもはやものではないですが、GoogleとH&Mがコラボして行動パターンからオーダーメイドの服を作ってくれるサービスらしいです。逆に旅行に行く時とかにこのサービスを使ったら、なんか想い出の服が出来たりするのかな?とか思います。

 

 

2017年後半に正式にリリースされる予定

http://gigazine.net/news/20170207-data-dress/

 

 

 

 

 

6. 女性が男性に愛を伝える「バレンタインチョコ」

 

これは言わずと知れた日本の伝統文化ですね。本命以外でも結構です。ボタニカ3Fにて絶賛受付中です。

 

 

お値段:プライスレス

 

 

 

 

以上気づけば全て発売されていないけど欲しい物リストでした。どれもぶっちゃけ欲しいというかとりあえず一回使ってみたいという感じですよね。石油王の友達がスナック感覚で買ってちょっと使わせてくれないかな〜。ドバイでも行くか。

 

 

 

 

欲しい物って、カラオケで盛り上がる方法みたい

 

どちらもとりあえず誰かくれない(紅)かな?

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


このブログの片隅に

(ここからサンシャイン池崎風に読んで下さい)

 

 

 

 

空前絶後のぉおおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーー!!!

 

超絶孤高のぉおおおおチクスキスタッフーーーーー!!!!

 

ブログを愛し!!!ブログに愛された男ぉおおおお!!!!!!

 

天上天下唯我独尊!!!!!ブログのグラディエーター!!!!

 

 

 

 

活字だとなんにも面白くないのでやめます。

 

 

 

どうもサンシャイン鶴川です。イエ〜イ

 

 

 

 

 

 

 

 

イエイイエイ言うとりますが、全国の皆さん、本日もこの世界の片隅に僕のブログを見つけてくれてありがとうございます。

 

先日話題の「この世界の片隅に」を見てきました。結構みんな映画の話とかをブログに書くんですが、僕は普段映画の話書かないので、今日は珍しく映画の感想でも書こうと思います。

 

 

あまりネタバレにはならないようにざっくりと、

 

 

「この世界の片隅に」は、ドジでいつもボーっとしている、普通の女性すずさんが大人になって、お嫁にいって、普通に生活して、当たり前のように戦争があって、それでも明るく一生懸命暮らしていく話です。

 

内容はあまり緩急がなく、ゆったりとしていて、激しく心を揺さぶられるような感じではないんですが、疲労骨折のような感じでジワジワと効いてきます。僕も気づけば2日後には原作の漫画を買ってしまってました。

 

僕が思うに、この映画は戦争ってつらいんだろうな〜とは思うけど、「こんなに辛いんだぜ!さあ泣けよ!」って感じの描き方ではなくて。辛いけどみんな実際は三日後には笑ってたよって感じの描き方で、戦争が普通に馴染んでる感じが、映画を見終わったあとの普通の生活の中でフラッシュバックするからなのかな?とか。。。

 

もっというと普通の人の話だからこそ、当時こんな人生を歩んだ人がゴマンといたことを、よくよく考えるとすごいなって気持ちになってくるからなのかな?とか。。。

 

まあそういう映画分析はよくわかりませんが、胸をはって言えることは一つ

 

のんさんの声優がいい!

 

世界三大声優がしっくりきてるキャラでルパン三世、ドラえもんと並んで入ってくるレベルです。

 

孫悟空をギリギリ抑えてのランクインです。

 

そして、弊社スタッフからこういうご指摘もうけました。

「この世界の片隅に好きなのって、のんが好きだからでしょ?」

 

「はい、そうですよ」って答えるレベルです。

 

そのくらい主人公のすずさんのキャラがいいです。一生懸命で素直で「頑張れ!」って気持ちになります。

 

恋人にしたいアニメキャラの一位がタッチのみなみちゃんなら、お嫁さんにしたいアニメキャラの一位がすずさんです。

 

そして同じホテルに泊まりたくないランキング一位はコナンくんですよね。逆に泊まりたいランキング一位は「古谷実(稲中卓球部の作家)が書きそうな童貞を挑発する系のお姉さん」ですね。

 

 

とにかくまだ観てないのん好き、もしくはあまちゃん好きの方は是非みてつかぁさい。

 

 

(ここまでサンシャイン池崎風に読んで下さい)

 

 

 

この世界の片隅にってハーゲンダッツみたい

 

どちらも高い評価(氷菓)です。

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 


タンパク質みたいに

先日、僕の大好きなスポットYCAMこと山口情報芸術センターに行ってきました。

 

相対性理論のやくしまるえつこのインスタレーション展示で、「ゲノムによるタンパク質の合成時に発生するポリペプチド鎖の立体折りたたみ構造(フォールディング)を詩と音に秩序立てて対応させたもの」題して「タンパク質みたいに」を見に行きました。

 

もちろん上に書いたゲノムがなんちゃらって内容を僕は一切理解していません。

 

簡単にいうと、図書館全体にプロジェクションマッピングされた文字の羅列と、様々な方向から聞こえてくる詩の朗読なんですが。「ゲノムによるタンパク質の合成時に発生するポリペプチド鎖の立体折りたたみ構造(フォールディング)を詩と音に秩序立てて対応させたもの」って言ったほうがかっこいいですからね。

 

そしてその相変わらずクレイジーな空間にゾクゾクしてワクワクして、やっぱりYCAMが好きだなと再認識しました。

 

 

どうも、鶴川談志です。

 

 

 

 

さて、いよいよ今年も残すところわずか、弊社のブログでも「今年最後のブログです」という言葉が増えてきました。

 

かくいう僕のブログも本日が今年最後です。

 

そんな今年最後の大事なブログの冒頭で、ゲノムがうぬんぬんみたいな事を書いたので、がくんと見てる人も減ったかもしれませんが、今日はいつもにも増して一生懸命ブログを書こうと思います。ようは終わりよければ全て良しの理論です。

 

ということで、僕は本気のブログを書くために、大好きな伊集院光先生が原稿を書くときにそうしているように、深夜のファミレスでひとりで文章を書くことにしました。

 

さらに、平日の深夜にファミレスに行くのはきついので、休日の前日。

 

そうです、いまこのブログを書いているのは実は12月24日土曜深夜1時のクリスマス・イブのジョイフルなのです。

 

だた若干この時点で満足してるというか、クリスマスイブの深夜にファミレスにひとりで来たからって、いい文章がかけるわけではないことに気づき。若干焦っています。

 

近くで若い女の子二人が「メリクリっぽい写真撮ろうよ」って言いながら写真を撮っているのを見て。あの写真は40%くらいの確率で、犬だか熊だかになってるんじゃないかなと思ったり。

 

こんな時間に小学低学年ぐらいの子供がいるのを見て、この子は早く寝ないとサンタがこっそり来れないという事に気づいていないのか?とか思ったりしながら枝豆をむさぼってます。

 

そういえば年をとって、ファミレスに行く機会がめっきり減った気がします。

 

昔はなにかとファミレスに行って、普通はハンバーグとかを頼んだときに一緒に頼む「和食セット」を単品でも頼める、という裏技プラス生卵を注文して、卵かけご飯と漬物と味噌汁で300円程度という裏技を使ったりしてたのを思い出しました。

 

別に卵かけご飯がスキなわけじゃなかったんですが、俺はこんな裏技知ってんだぜ!的な感じで頼んでました。

 

いま考えたらなんにもすごくないんで、当時の自分はやっぱりアホだったんだなと思うんですが。ブログの冒頭で「ゲノムによるうんぬんかんぬん」みたいな事をいまだに言ってる時点で、本質的な部分で僕はなにも変わってないんだなって思います。

 

あとこれは以外と知られてない裏技ですが、マクドナルドって実は無料でお冷がもらえるんですよね。いまはどうか知りませんが。だから100円のハンバーガー3つとお冷下さいとかやってました。

 

ここで浮き彫りになってきたのが300円の壁ですよね。

 

やっぱり「むちゃくちゃ安くご飯が食べられる」の基準って300円代なんじゃないかなって発見しました。

 

それこそいまちょこっと頼んだ枝豆も290円なんですよね。これが410円とかの料理になると気持ち的にはサラっとは頼めなくなるんですよね。不思議なもんですね。

 

あと不思議なことといえば、クリスマス・イブにひとりでファミレスに来て「300円が安さの壁だ」とか書いてる僕が不思議です。一応パソコンがmacだから周りからはなんかおしゃれな作業してんじゃないかと思われてるかもしれないことがせめてもの救いです。

 

本日ファミレスでブログを書いてみた感想としては、混み合ってないけど、人がいて。必死で聞こうとしない限り、内容は入ってこない程度のボリュームの会話が聞こえてくる感じが、なんか意外と集中できました。

 

以上が僕の2016年最後のブログになります。

 

みなさん良いお年を

 

 

 

 

 

 

ファミレスって就活生みたい

 

どちらも定食(定職)をもとめてる

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 


マ!

最近、持論を力説したあとに「以上、今週のコラムでした」と言って立ち去るのが流行っています。

 

特にウケるわけでもなく、ただそんな感じでキレイにしまったら気持ちがいいというだけの理由でやってるんですが、

先日聞いた話では、おもしろくないことをスベるのがわかっていても、やってしまうのはおっさんになった証だそうです。

心当たりしか無い。。。

 

ちなみにいま一番力説したいことは「セクシーな衣装で舞台挨拶に登場」は大体セクシーというより、ただただ背中が空いてるだけで、別にセクシーではないということ。

 

他にも限界に挑戦!って書いてあるグラビアは総じて限界に近くもない。セクシーっていうのは露出の範囲ではないんですよ、露出の場所と質感と、色々の要素が混ざってのセクシーなんですよね。お尻を出した子が一等賞なのは日本昔ばなしだけですよ。

 

 

以上、今週のコラムでした。

 

 

どうも鶴川談志です。

 

 

 

 

 

 

 

ついつい白熱した話になってしまいました。賛同していただける方や、激しく反論したい方、色々な方がいらっしゃると思います。ちょうど忘新年会シーズンに入りますので、皆さんもそれぞれのセクシー持論を熱く披露して、美味しいお酒を楽しんでください。

 

そんなことはさておき、12月にもなると、やっぱり色々と一年を振り返る話が増えてきますね。

 

本日は皆さん気になっている「女子高生流行語大賞2016」TOP10の中で、僕が気になったものをいくつか紹介したいと思います。

 

 

 

第10位:○○み

〜「しんどみ・うれしみ・つらみ・やばみ・きもみ……などと使う。語尾に身を付けると雰囲気が可愛く、柔らかくなる」〜

 

なるほどです。たしかに柔らかくなります。「鼻毛でてるよ」っていうより、「鼻毛でてみ」っいったほうが、気まずくないですもんね、オナラしちゃった時なんかも「オナラでたみ」っていいったら、あっ。。。これはなんか違うのもでちゃった感じになるな。。。

 

 

 

第6位: マ!?

〜「“マジ?” の意味。ママママママママ……と連呼するのもあり」〜

 

マ!!!!

 


第5位: はげる

〜「毛が抜けそうなほど嬉しい、という意味。あの人がカッコ良すぎてはげる、などと使う」〜

 

まあ冷静に「死ぬほど嬉しい」とか色々パターンはあるので、いままでなかったほうがおかしいのかもしれませんね。しかも女子高生しか使えない言葉ですね。もし僕がつかったら「あ〜たしかにハゲそう」って思われるだけですからね。

 

 

第3位: ○○まる

〜「おけまる、大好きまる、ラブまる……などと使う。まるは句点の “。” を意味しており、“OK。” ではなく “おけまる” となる。柔らかい印象で可愛さを増す効果がある」〜

 

とりあえず可愛さがますのが好きなんですね。ちなみにこれはモーニング娘。はマルまでセットなのに似てますね。

 

 

第2位: よき

〜「いいね、という意味。あの人マジかっこよき、マジよきよき、などと使う。古典の授業から派生し、テンポよく2回重ねて使うのが主流」〜

 

古典の授業から派生しって、結構なぞですが。

 

 

 

第1位: 卍(まんじ)

「写真を撮るポーズの掛け声、ヤンチャな人に対し “あの人卍だよね” と使う、テンションが上がったときの叫び声……と3種類の使い方がある」

 

一位なのに三種類の意味があるというカオス感。しかもマンジ!!!ってめちゃくちゃ叫びづらい気がする。。。でも女子高生風イントネーション(カレシ↑)的に感じで叫ぶと行けるかも知れない。

 

 

 

 

 

正しい日本語を使うことも大事ですが、言葉の本来の目的はコミュニケーションだとおもうので、こういった言葉を使って、若い世代の人間と交流するのも大切なことなんじゃないでしょうか。

 

 

以上、今週のコラムでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子高生って日本の交通事情みたい

 

どちらも校則(高速)は大事です。

 

 

 

 

おあとがよろしみ

 

 

 

 

 

 

 

毎年恒例

【M-1順位予想】

1位 銀シャリ

2位 スーパーマラドーナ

3位 カミナリ

 

 

 


先日、10年近く連絡もとっていなかった後輩から、「15年間バンドをしてきて、はじめて好きな音楽のバンドを組んだので見に来て欲しい」と言われて行ってきました。

 

メンバー全員が黒いサングラスをかけて、アフロのカツラにアロハシャツ。

 

井上陽水のコピーバンドでした。

 

しかもバンド名は「上陽水 」

 

やっぱり井上陽水は魅力的ってことなんでしょうね

 

 

 

 

 

どうも鶴川リバーサイドです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日11月7日は「鍋の日」です。

 

食品メーカーの「ヤマキ」が、「この日が立冬になることが多いから」という理由で制定した記念日だそうです。

 

鍋と聞いて一番最初に思い浮かぶのって何鍋だろうと考えてたのですが、よく考えると鍋って食器の名前が料理名になってて不思議だなってきづきました。

 

しかもこれはなんとも絶妙なバランスの言葉で、例えば「今日鍋するよ」って言われて、キムチ鍋だろうがすき焼きだろうが、水炊きだろうが、違和感はありません。

 

 

でももし飲み物の事をすべて「コップ」というようになった場合。真夏に汗ダラダラになりながらお店に入って「コップください」って言って熱々のコーヒーがでてくるようなことになってしまいます。

 

おっしゃれ〜なレストランに浅野温子似のきれいな女性と行って「すいませんコップください」っていって鉄骨飲料が出てきてしまうようなことも。。。これはとても危険ですね。

 

 

鍋ってのは基本的にすべて暖かくてスープのある料理しかないからそんな事が起きないんでしょうね。そういう意味では「鉄板」の上のものは必ず焼かれているから「鉄板料理」っていうのも成り立つんでしょうね。

 

 

 

 

とまあ話は戻りまして、本日鍋の日。みなさんの今日の晩御飯は鍋でしたか?

 

 

ふと思ったのですが、毎日、その日の記念日のものを食べて365日過ごしてみるって面白い気がします。今日は鍋の日だし、きっと明日も探せば何かの日だったりするはずです。

 

調べたところ、明日はレントゲンの日、もしくは歯の日らしいです。残念です。早速明日は断食です。

 

逆に今日11月7日は鍋の日以外にも「あられ・おせんべいの日」。さらに今年から「ココアの日」になっているらしいです。どれか一個は明日に変更したらいいのに、、、なんともバランスが悪いです。

 

ちなみに今週一週間の献立は

 

7日(月曜):鍋・あられ・おせんべえ・ココア

8日(火曜):断食

9日(水曜):断食

10日(木曜):ハンドクリーム

11日(金曜):麺・ピーナッツ・チーズ

12日(土曜):断食

13日(日曜):断食

 

という風になりました。絶望的ですね。

 

このチャレンジは鍋だけにもう少し煮詰めてからやってみましょう。

 

それでは皆さんハッピー鍋の日〜

 

 

 

 

鍋って剣道みたい

 

どちらも最後は麺(面)で決まり!

 

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 


pen pineapple apple pen

ペンパイナッポーアッポーペン

 

 

流行ってるらしいですね。皆さんもうチェックしましたか?

 

 

 

 

どうもピコ川談志です。

 

 

 

 

 

 

ピコ太郎という謎のシンガーソングライターの「ペンパイナッポーアッポーペン」という曲?をジャスティン・ビーバーがいまお気に入りの動画として紹介してなんだか世界中で大人気らしいです。

 

 

 

 

わたくしは通常こういったブームにのっかるのが苦手なタイプの人間なのですが、いかんせんピコ太郎の正体が元底ぬけAIR-LINEの古坂大魔王ということで、激しく応援しております。

 

 

 

 

当時ボキャプラ天国で活躍した世代、いわゆるボキャブラ世代のみんなは僕の大好きな爆笑問題にやさしく接してくれる芸人が多いので、無条件で応援してしまう節があります。

 

 

 

 

ちなみに古坂大魔王はこのネタを15年ほど前にも披露していて、立川談志師匠に面白いと言われたと語っていました。

談志師匠の見る目はすごいなと改めて思います。

 

 

 

 

 

 

そんな世の中のブームとは別に、皆さんにもそれぞれのブームがあると思うんですが。

 

 

僕は最近「ヤンエグ」と「Licaxxx」にハマってます。

 

 

ヤンエグは「ヤングエグゼクティブ」の略で最近知ったバブル時代の死語らしいです。意味は若くして企業の重役や経営者になったできる若者の事をいうらしいです。

 

 

いまもそういう人っているとおもうのですが、特にヤンエグっていう言葉は聞きません。やっぱりバブルの雰囲気ありきの言葉って感じなんでしょうか?イメージでいうとこち亀の中川のような、なんかヤンエグってそんなギラギラした香りがして好きです。

 

 

 

 

てなわけで、ヤンエグヤンエグいうとりましたところで、あらたなブーム「Licaxxx」の到来ですよ。

 

 

 

Licaxxxは先日たまたまいったイベントでDJやってた、中田ヤスタカとかきゃりーぱみゅぱみゅと同じASOBISYSTEM所属の女の子で、なんかモデル的な仕事もやってます系の娘だったんでチャラい感じかなと思いきや、まあめちゃくちゃいい感じにクソ暗い音楽を流すわけですよ。

 

 

それでいて、たまにお客さんの方みながらなんかほんのすこし半笑いだったんですよね。あっなんかこの子人気でそうやなっておもったわけですよ。

 

 

まあそれも置いといて、「ックス」ってなんかなんにでもつけやすいからつけまくるブームが到来ックスですよね。

 

 

 

 

 

やっぱり人間はみんな「ックス」がスキなんですよ。理由はあれですが、「ックス」って言うのが気持ちいいんですよね。

 

 

「リカ」よりもやっぱり「リカックス」のほうがなんか言いたくなりますよね?

 

 

でも気持ちよくない「ックス」もあるんですよね、例えば「ン」でおわる「パソコン」とかは「パソコンックス」っていっても気持ちよくないですよね?

 

 

まあ弊社にかかわるところでいうと「チクスキックス」は完全に気持ちがいいですね、あと「ネロボタニカックス」はチクスキックスほど気持ちよくはないですが、リカックスに近いから高得点ですね。

 

 

そして完全に気持ち悪いのは「ゴットンジャムックス」ですね、「ゴットンックス」にしてもきもちわるいしもう救いようがアリません。。。

 

 

 

 

 

そんなゴットンジャムックスまであと20日をきりました。

 

 

みんなで一緒に楽しみましょックス!!

 

 

 

【2016/10/30(日) 嘉穂劇場】
公式サイト:http://gottonjam.jp/
facebookページ:https://www.facebook.com/GOTTONJAM/
前売り:4,800円
当日:5,500円 (未就学児入場不可)
販売:セブンイレブン、チケットぴあ【Pコード 307-166】
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1637768

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Licaxxxって磁石みたい

 

曲(極)と曲(極)をつなげます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おあとがよろしっくす

 

 

 

 


| 1/7PAGES | >>

NEW ENTRIES

RECENT COMMENT

STAFF

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

PROFILE

LINK

INFORMATION

CHIKUSKI*PASS

CHIKUSKI WEB

OTHERS