【平日更新】筑豊のフリーペーパー CHIKUSKI**のチクスキ編集部が日々綴るブログ

いや、絶対多いですって。

お世話になります。

 

先日、プライベートで一番馬が合うであろう友人の結婚式に行ってきました。

学校が一緒とかではなくて大学時代のバイト仲間という関係上、周りの交友関係が浅いんですよ。

 

そこで史上初の「ワンマン余興」を遂行して疲れ果てているつばさです。

 

 

バイト仲間レベルで引くくらい馬の合う友人ができるとは思ってなかったですね〜。

当時は「小中とか、付き合い長いほうが仲良いだろ」みたいな先入観がありましたから。

 

蓋を開けたら家が近所で、

うちのオカンとそいつのオカンが同じ地元の知り合いで、

そのまたオカンとそのまたオカン(ばーちゃん同士)も友人という、謎の系譜。笑

 

 

余興はバックトゥザフューチャーを題材にしたんですけど、

動画→マーティーのかっこした俺登場→会場を巻き込む→動画で締める

みたいな企画なんで、会場の素材が集まったら動画も公開しようかなと思ってます。

 

 

会場で配った、本人を合成&専用ロゴ入りのラバーコースター。

フクハウチ姉さんすいません、一瞬デスクのマグカップ借りました。ぺろぺろ。(嘘)

 

 

 

いや、そんな事よりですよ、

 

 

カメムシ多くないですか????????

 

さっきボタニカを出て2秒、

目尻に高速飛行のカメムシがぶち当たってきて「痛臭い」んです。

 

 

なんなんですか、「痛臭い」って。

 

なんなんすか。

 

 

なんて言ったらいいんですか。

 

 

 

いやーほんとにね、今年は多いんですよ。この人達。

どこいっても街灯とか看板とかびっしりしがみ付いてますもんね。

 

昔もね、なんか急に首が痒くなったなーつって、

 

痒いなー痒いなーつって、

 

 

 

思わず手のひらで首をザーンってやったら磨り潰されたカメムシだった事がありますわ。

 

皮膚にダイレクトに磨り潰したんですよ…

「カメムシ臭いー」とか、「カメムシの臭いするー」とか、そんな次元の問題じゃないんですよ。

 

 

 

それはもう、「カメムシ」なんです。

 

 

 

「ニオイ」っていう観点だけで考えると、そいつは俺の肩にいつまでも生きてたんですね。

 

 

 

 

買い物に行ったり、美味しいものを食べたり、

 

楽しい事で笑ったり、辛い事で悲しんだり、

 

時にはケンカもしたりして、

 

 

 

 

俺達はずっと一緒だったんです。(嗅覚障害)

 

 

 

 

 

風呂入ってやっと軽くなったかなーみたいな感じですよ。

皮膚に練りこまれてますからね、気になってしばらく寝られなかったですもん。

 

 

 

同じく首をザーンってやった時に、赤ちゃんゴキブリだった事もありました。

 

 

 

いや、

とにかく、ひたすら、赤ちゃんでよかったなと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ!お待ちかねのみなさん……

 

【制作日記・完結編】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すんません!!!!

 

次回へ!持ち越しです!!!!(大きい小声)


37年やってました。

お世話になります。

 

 

最近またジャッキーブームが来ております、つばさです。

 

ジャッキー映画はここ数年、テレビ放送時の吹き替え音声が収録されたDVD・ブルーレイが一気にリリースされたんで、

ストレスなく鑑賞できるのがありがたい限りです。

 

 

…ということはですよ、

レンタルでジャッキーの映画を観ようとしても吹き替えが入ってない事が多いです。

 

 

GEOは親切に

「このDVDには日本語吹き替え音声が収録されていません」

ってシール貼ってくれてますけども。

 

 

みなさん気をつけてくださいね。

裏の音声の項目をチェックしてください。広東語とかしか入ってない事が多いので。

 

 

入ってたとしても途中で字幕に切り替わって、また吹き替えに戻ったりする事もあります。笑

テレビで放映された音声を被せてるだけなんで、テレビでカットされてるシーンは音源がないんですね。

 

「プロジェクトA」なんかはテレ朝で初回ノーカットの放映音源があるにもかかわらず、

レンタルDVDはカットされた後日の放映音源が収録されてます。

 

 

 

そういう「なんでやねん」っていうモヤモヤを最近は少しづつ解消してくれてるんですよ。

 

この作品も最新のDVD・ブルーレイにはノーカットの放映音源が使われてます。

 

 

 

 

話せばまだまだ長くなるんですけど、「どの円盤観たらいい?」って疑問あったら聞いてきてください。笑

8割くらいは答えられるはずです。

 

 

 

同じ事がシュワちゃんの映画にも言えるんですけど、この辺も近年ちょっとずつリリースしてくれてます。

玄田哲章の声で「プレデター」が観たいオダケン(xs)先生に時々借してます。笑

 

 

 

 

 

吹き替えトークはこの辺にして、制作日記の完結編です!

…と言いたい所ですが、全く手がつけられておりませんorz

 

ゴットンジャムでも声をかけていただきました。

 

 

 

「あのゴジラまだ完成しないんですか?」と。笑

 

 

 

ありがとうございます、頑張ります。笑

 

 

 

 

 

そんな今日はですね、石原裕次郎記念館が閉館という事で盛り上がっておりますけれども、

 

こっちはこっちでね、イオン徳力店が閉店するんで行ってきました。

 

【37年間のご愛顧、誠にありがとうございました】

 

だそうです。

 

ニチイの時代から数えてですね。

 

 

 

ここは1979年に「ニチイ徳力店」としてオープンして、すぐ近くの「徳力アピロス」と販売競争を続けてきてたんですけど、

9年前にアピロスが閉店しまして、昨今は建て替わった「サンリブ徳力店」とバトってました。

 

 

ニチイ→サティ→イオン

 

 

とやってきて37年ですよ。

ニチイ時代にオカンと買い物来てましたよ。幼稚園でした。

 

 

 

さすがにニチイ時代のロゴの遺構とかは残ってなかったですけど、唯一、

探しまわったらニチイ時代から貼られてんじゃねーかっていうステッカーがありました。笑

 

 

もうこれくらいです。

あとは造りそのものしか面影はありません。

 

 

中央に吹き抜けがあって、ガラス張りのエレベーターがあって、エレベーターには電球が並んであって…

 

 

たまらないですね。昭和後期のスーパーですよ、完全に。

 

サティ時代の面影すらほとんど無くなってるのは残念でしたが、

空気はあんま変わってないような気がしました。匂いは。

 

 

老朽化がえげつないんで壊してしまうんでしょうけど、ほんとに寂しくなりますね。

ふらっと徳力に寄る要素がまたひとつ減ってしまいました。

 

 

筑豊近辺だともう、中間のダイエー(東館)くらいですかね、昭和後期の造りが残ってるのは。

もう少し遠くまで行くと、福重のイオンとか、下関のシーモールとか。

 

時代的に、もう続々と老朽化とかでなくなって行く時期だと思うんですよ。

 

こないだも水巻のアピロスが閉店しましたし、

城野のダイエーもなくなっちゃいましたよね。

 

 

 

お客さんの声を聞いてると、懐かしみながら来てるお客さんがたくさんいました。

同窓会会場みたいな雰囲気でしたね…

 

 

本日19時に閉店です。お疲れさまでした。


制作日記《後編》

お世話になります、つばさです。

 

明日はいよいよ【GOTTON JAM2017】開催です!

 

 

http://gottonjam.jp/

 

良い感じの音楽を、

良い感じの劇場で、

良い感じのお酒やフードを味わいながら愉しむ

飯塚の新たな風物詩でございます。

 

良い感じの浴衣を着るとさらに良い感じになります。

 

「良い感じ」しか言ってないですけど、ほんとそうなんですよ。

 

日頃の仕事疲れなんかをですね、

ここでゆったり過ごし癒されて帰っていただければと。

当日チケットもございますのでぜひぜひ!

 

 

--------------------------------------------

 

 

さてブログは前回の続きです。

【制作日記《前編》】←クリック!

 

ある怪獣のソフビキットを制作しとったんですけどね、

前回は繋ぎ目をパテというもので埋めるところで終わってました。

 

 

そしたら次はサーフェイサーという塗料を吹き付けて、パテのあるとこないとこを均一にごまかしつつ、

現状のディティールを確認します。

 

 

ここで繋ぎ目の違和感とか、おかしな所が見つかるんで補修してあげて、いよいよ塗装です。

緑一色だとノペーっとなるので、実際の着ぐるみ感を出すべく色んな色を塗ってあげます。

 

 

 

 

 

はい、もう何の怪獣かわかりますね、

 

 

 

 

ゴジラ

 

 

 

 

と思ったそこのアナタ、今日は名前だけでも覚えて帰ってあげてください。

 

 

 

 

 

ジラース

というウルトラマンの怪獣です。

 

 

 

当時は予算の都合でこういう「着ぐるみの使い回し」が多かったんです。

毎週毎週特撮番組作るわけですから、とんでもないお金がかかるわけですよ。

 

ウルトラマンになんかゴジラみたいなやつ出てたなぁ」

 

っていう強烈な印象のおかげで目立ってる怪獣です。笑

 

 

そしてアクセントになる黄色を入れて、

完全にゴジラですよね。

 

 

 

お口も同時進行で作っていきます。

 

舌がサラサラだったので、パテを塗ってザラっとした感じにしてあげて、

薄いピンクと赤を使い分けて立体感を出しながら塗ります。

写真じゃちょっとわかりにくいですが。

 

 

 

 

ほんで爪を塗って、本編のDVDを観ながら細かい所を塗り分けていって、

足元の土汚れなんかも再現してあげます。

 

 

サイズが大きいんで、細かいとこまで作り込んでいかないと間延びしちゃうんです。

 

 

 

というわけで、ここまでできました!!

 

 

 

 

はい、すいません。

しばらく手がつけられてなくて、まだ終わってません。笑

 

 

次回、【完結編】でお会いしましょう。


制作日記《前編》

お世話になります。


最近は風呂上がりにリンゴ酢の原液を、

強炭酸の水で割ってカーッと飲むのがマイブームです。つばさです。

 

 

先日はNERO BOTANICA5周年イベントにお越しいただきまして、
本当にありがとうございました!


当日である9日の夕方〜深夜にかけて、おそらく筑豊で最も人口密度の高い場所になってたと思います。

1階2階に大勢のお客様でしたから、ピーク時には170%くらいになってたんじゃないかと。爆


タイトルドリンクのモエシャンはもちろん、
ボタニカのテナントさんのフードもめちゃくちゃ評判が良かったです!


我々スタッフは終始バタリアンだったので写真もろくに撮れてませんが、

撮影班のフォトが近々どこかで観られるかもしれませんよ〜!

 

 

さて今日は、

1年前に購入したある怪獣のソフビキットの制作日記にでもしようかと思ってたんですが、

意外とすぐにブログの順番が来て間に合いませんで、さらっと下ごしらえだけ紹介しようと思います。

 

 

何の怪獣か当ててください。答えは次回のブログで。

 


★こういう感じで袋に入ったやつを、

★とりあえず食器洗う洗剤で綺麗にしてあげます。

工場で型から抜き出した時の剥離剤的なものが入ってるらしく、

それを洗い落とさないと塗料の食いつきが悪いそうです。

 

 

★型から抜き出してそのままなので、バリとかを切り落としてあげます。

★穴も開いてないのでほいであげます。

★ほんで組み立てて、

★繋ぎ目を隠すためにパテ(セメントみたいなもん)を流し込みます。

表面の凹凸を潰さないように、爪楊枝とかでガリガリ凹をなぞっていきます。

 


続きはまた次回!!

 

 

 

エンディングは

「ここにしか売ってないっぽい、好きな夏アイテム」

のコーナーでお別れです。

 

 

スーパーASOさんでしか見かけた事がない、ひやしあめ!


本場関西では結構あるんでしょうか?こっちではなかなか見かけない飲料です。

基本甘いんですけど、ちょっと生姜の香りがするのがちょーどいい。

 


なんかこれとか飲んで、暑い暑い夏をあれしましょう!!!(雑)


だめええええええええ!!!!!

お世話になります

 

 

こないだね、糸島にある

 

白糸の滝

 

に行ってきましたよ。

小さい頃行ったような記憶がありますが、
平尾台のマルワランドくらい曖昧な記憶なので初めてかもしれません。

知ってますか?

 

 

マルワランド(笑)

 


あのスーパー丸和さんが経営してたとwikiには書いてました。


かっっっすかに記憶にあるんですよ。
小学校か幼稚園だったんで1995年前後でしょうね。


家族で行ったら休園日だったんです。


あれ、もしかしたら閉園してたのかもしれません。
閉園したのもどうやら90年代半ばらしいですから。


今は自然を生かしたキャンプ的な、
そんな施設になってるそうなんで遺構とかも残ってないですたぶん。


隆プロデューサーなら何か知ってるかもしれない…

 

 

 

 

それはさておき、白糸の滝ですよ。

ここでイラッとしたんですよ、珍しく。

 

 

滝周辺に「ふれあいの里」っていう
そうめん流しとかヤマメの塩焼きとか、そんなんも味わえる施設があって、駐車場もそこなんです。

 

ここに登るまでの峠がね、後からわかったんですけど2つあるんです。


結局のところ
ぐるっと1周つながってるような構造になってたんですけどね


めちゃくちゃ略図を書くとこうです。

 

 


自分はBルートから登っていったんですよ

これはあんまりメインな道じゃないらしく、
たいていはAルートから登って駐車場までの渋滞に並んで、車を置くみたいな事らしいんです。

 

ところがBルートから登っていくと渋滞なんか1ミリもないんですよ(笑)

 

 


だからふらーっとふれあいの里にたどり着いて、さて車をとめようとしたら

急に駐車場整理のガードマンのおばちゃんが来て、

 

 

「だめええええええええ!!!!!!!」

 

 

と。

一瞬何かと思いましたよ。

 


ラオウVSレイで、レイを制止する時のリンくらいの
「だめえええええ!」でした。

 

 

 

「だめえええええええええ!!!!!!!

 いやいやいや順番だから!!!!!!!」

 

 

 

って、めっちゃ喧嘩腰で言われました。

 

何にも知らんで違う道から登ってきたのに、

そんな言い方しなくてもいいじゃないですか(笑)

 

 

そのまま窓越しに胸ぐら掴んで
車で引きずり回すところでしたよ。

 

いやもちろん冗談ですけど。笑

 

 


まーそんなこんなありまして、
場所自体はすごい良かったですよ!

 

 

 

 

で、結局どこに駐車したのかって事ですけどね、

満車の渋滞に並ぶことなく良い場所があったんですよ。


Bルートの途中に


「第5駐車場」


があるんです!

ふれあいの里までちょっと歩かないといけないですけどね、
渋滞に並ぶよりは遥かにマシです。

 

なので、Bルートから登って第5に駐車して、Bルートで下山する事をオススメします。


Bルート序盤にある「村上家」

っていうかき氷のお店も良かったですよ!

 

※キャベツの千切りではありません

 

 

16日か、19日くらいまではヤマメ釣りはお休みだそうです。

でも売ってるんで食べられます。

 

 


長崎は連日晴れだった

お世話になります。


冷蔵庫に3パック入りのヨーグルトがあって、

2パック目を食べる人間がパッケージの厚紙とビニールを捨てないまま

ラスト1個を冷蔵庫へ戻す事に憤りを感じています、つばさです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きさんこのパッケージ捨てろちゃ

 

ぁぁぁあああ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…すいません取り乱しました。

 

 

 

 

謎の大連休から始まったGWですが、
それが終わるといつの間にか6月が始まろうとしています(汗

 

連休中はね、長崎に行きましたよ!

最近はフィギュアの話ばっかりなんで、たまにはこう観光とか、そういう話しましょうかね!!

 

 

 

 

長崎のね、西海橋(さいかいばし)に初めて行きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ラドンのフィギュアを持って。

 

 

 

 

 

 


ここ、1956年の映画『空の大怪獣ラドン』のロケ地として出てきたんですよ。

 


作品公開の年から明らかに観光客が増えたそうで、

「各地の観光スポットを怪獣が破壊する事で宣伝に繋がる」

という、タイアップの先駆けみたいなもんですね。

 

 

 

この後ラドンは佐世保から福岡に行きます。

ラドン自体は阿蘇山の火口に住んでます。

 

 

 

60年前の天神の街並みを知れる映像としても貴重な作品です。

 

西鉄福岡(天神)駅はこんなに平地だったんですねー…

 

 

 

ってか、この西海橋に平行して、新しい西海橋がもう1本架けられてるんですね。いつの間にか。

 

 

 

 

こっちはよりいっそう観光向けの作りになってて、本家西海橋をかつてないアングルから一望できます。

 

 

 

そっから市内に入ってうろうろして、夜は稲佐山へ。

 

 

まぁ〜人が多いこと…

ロープウェイ乗るまでに1時間、降りるのも1時間、待たされました…

 

車で行けるの知らなかったですorz

でもGW中は、駐車できそうもなかったです。多すぎて。

 

 

 

 

そっから翌日は市内ぶらぶらして脱出して、

嬉野の温泉旅館に宿泊。

 

 

その翌日は朝から

 

「肥前夢街道」に行ってきました。

http://www.hizenyumekaidou.info/

 

 

 

 

みーたーことーなーい〜♪

あーなーたの表情〜♪

 

 

のCMソングでお馴染みですね。

最近やってないですけど。

 

 

 

以前は江戸の街並みを再現したテーマパークだったそうなんですが、

客足が遠のいた今は忍者を売りにしてやりくりしているそうです。

 

これがウケて、文字通り隠れファンが増殖している模様。

昔の街並みで撮影しているコスプレイヤーさんにも重宝されてるみたいでした。

 

 

予算の少ない中で工夫してお客さんを集めてる感じがすげーよかったです!

最低限の人数で回している省エネ忍者ショーは必見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくいう俺もその日から隠れファンでござる。にんにん。

 

 

忍者の格好がしたい大きいお友達か、チビッコなら楽しめると思います!!


気がつけば小包だらけ…

お世話になります。

 

 

 

漫才のネタを考えながら、ゆっくりお休みを過ごしております。つばさです。

 

 

ゴールデンウィーク前半戦2日が終わり、


人によっては逆インターバルで現実世界に引きずり戻されたり

人によってはここもお休みになって謎の大連休を過ごしているかと思います。

 


ゴールデンウィークが終わると(もう終わる話)、すぐに新しいチクスキが出るんですけど、

このチクスキはゴールデンウィーク直前まで我ら編集部が作成していたものなんです。

 


締切前はなかなかお買い物に行く時間もなければ何かをする時間もなくてですね、

そこで最近、締切前に家に帰るのが楽しみになるようなマイブームを発見したんです。


簡単な話ですが


「ちょっとした空き時間にヤフオクやメルカリを覗く」


です。

 

ヤフオクは普通にあれですね、オークションなんで

どうしても欲しいのに値上がりしまくっちゃったりします。

 

一方メルカリは、売る側に立つと

「お値下げできませんか?」

しか言ってこないようなめんどくさい人が多いですが、

 

買う側に転じればそれはもうね、欲しいものがお得に手に入るチャンスだったりするわけですよ。


ってか「お値下げ」って何ですか・・・笑

 

 


ちょこちょこ覗くと、まー欲しかった掘り出し物が出てくること。


それをマメにチェックしてたらいつの間にか、

 


家に帰ると毎日何かしら届いている

 

 

という事態になってしまいました。汗

 


今日はそれを、一部写真を挟みつつ紹介していきましょう。

 


.ンダムコンバージ「バイアラン」


▲ンダムコンバージ「ガブスレイ」


ガンダムコンバージ「ボリノーク・サマーン」

 

 

↑コンビニで買えるお手軽シリーズなんですけど、

デフォルメ具合も絶妙で、出来がめちゃくちゃ良いんです。

出ては消える食玩シリーズの中でもぶっちぎりのロングセラー商品なのでコレクションにおすすめ。

 

百式とネモが大好きなクライアントさんと一緒に集めてます。笑

 

 

 

ぁ嵶匹ご兇犬棒弔ぅ献礇吋奪函

-NO PHOTO-

 


ゥ┘スプラス製「東宝大怪獣シリーズ チタノザウルス」

 

 

柴田恭兵コンサートDVD’89「AGAIN〜そして、この夜に〜」

 

Д┘スプラス製「東宝30cmシリーズ ゴジラ(1984)」

 

 

 

 

こげな感じです…

 

でもめちゃめちゃ金使ってるようで、意外とそうでもないのが良いんですよ。

キГ蝋盂曚任靴燭韻鼻△發箸發伐礎佑里△詈なんで売り払った時にはトントンだったりするんです。

 

 


Г脇辰卜匹ったですよ〜!
1984年版のゴジラの着ぐるみをすげー忠実に再現してます。

 


84年版というと、怪獣はゴジラしか出てこない作品ですね。

 

武田鉄矢がちょっと出すぎなやつです。

沢口靖子が若いやつです。

 

 

 

 


歴代ゴジラの中でも、昭和・平成シリーズの中間的なデザインが愛嬌あって好きなんですよ。


チクスキと比べるとこのサイズ感↓

おもちゃ屋さんに大量にぶら下がってたようなやつとは造形も塗装も、手の込みようが全然違います。

特に、「目」ですね。


眼球の部分だけ光沢で仕上げられているんで、照明を当てると自然に瞳の中にハイライトが浮かび上がるんです。

白い塗料で塗られたハイライトじゃなく、天然のハイライトというのがすげー良いですよ。

 


というわけで、祝日と祝日の合間に、フィギュアレビューをお届けしました。笑

みなさん明日からも良い連休を!!


どこに需要があるか分からない「コングばなし」

お世話になります。

 

トラック運転手さんどうしの

 

「すれ違いざまのクラクション」

 

に憤りを感じておりますつばさです。

 

 

 

あれ、めちゃめちゃ心臓に悪いですよね。笑

 

運転中に後ろで

 

 

 

ファーン!!!!!

 

 

 

 

なった時はビクッてなりますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

それはさておき、先週これ観てきましたよ。

 

 

 

 

また久しぶりに元祖・1933年版のリメイクかと思いきや、全然違いましたね。

 

 

ずっと島の中だけで物語が進みます。

まだ公開中なんであんま内容書けないですけど、良かったですよ。

 

 

難しい事考えずに観れる映画です。

そういう映画を定期的に観るとスカッとしますよね。

 

 

「頭カラっぽのほうが夢詰め込める」

 

 

って影山ヒロノブさんも言ってましたしね。

 

 

1933年版のリメイクだった2005年版を実は観てないんで、これもDVDレンタルしようかなーと。

 

中盤の恐竜との戦いが面白いってDRAGONが言ってましたし。

 

 

 

 

キングコングと言えばですね、ゴジラも戦ってるんですよ。

 

ちゃんとキングコングのキャラクター使用料を

5年間8000万円という契約で支払って実現した「公式試合」なんです。

 

1962年公開で、「映画=娯楽のトップ」という全盛期なのもあって、

この『キングコング対ゴジラ』はゴジラシリーズ歴代1位の観客動員数になっとります。

 

 

 

 

 

 

まぁ、それもいいんですけど、個人的にはこっち

 

 

のほうが好きです。

 

5年契約のうちにもう1本作ろうみたいな流れで1967年に制作されたんですけど、こっちはゴジラは出ません。

 

1933年版の恐竜をモデルにした「ゴロザウルス」と、

コングをモデルに作られた機会仕掛けの「メカ二コング」が登場します。

 

 

まずこの名前が良いんですよ、「メカニコング」。

 

 

 

 

 

「メカコング」

 

じゃないんですよ。

 

「メカニック」の「メカニ」までを引っ張ってきてるんですよ。

 

 

 

今でこそ機械の偽物は「メカ○○」って名付けがちですけど、

 

当時まだそういう概念がなかったもんですから。

 

たぶん「メカ○○」っていう名前の第一号なんじゃないですかね。

 

 

 

 

 

この頃のゴジラが出ない東宝特撮映画は怪獣が小さくてですね、

 

ゴジラが50mなのに対して25mくらいなんです。

 

 

 

だから相対的にセットのミニチュアがデカくなるんですけど、デカいぶん作りが細かいんですよ。

その出来の良さを楽しむのもまた良いんです。

 

 

ラストの東京タワーよじ登っていくシーンも、「こんなデカいミニチュア作ったん!?」ってなります。

 

 

「でかいミニチュア」ってわけわかんないですけどね。笑

 

 

 

 

 

現在公開中のキングコングも次回作はゴジラ・モスラ・ラドン・キングギドラが出てくるそうですよ(困惑)

 

エンドロールになっても席を立たないほうがいいです。

 

 

 

 


ポップコーン食いたいのありきな気もしますが。

お世話になります。

 

 

今月はシン・ゴジラのブルーレイ発売に加え、

 

関連グッズも色々出るので若干節約モードです。つばさです。

 

 

 

 

 

先週はね、これ観ましたよ、

 

 

 

「もしも街に電気が無くなったら?」

 

 

という、小松左京のSFみたいなテーマなんですけど

『日本沈没』とか、『首都消失』みたいなパニック映画ではなくて、

 


そういう状況に陥った時の、家族の団結力とか、
現代社会の都会暮らしの中で冷め切ってた家族の絆みたいなのが変わっていく様とか、

 


そこにスポットを当てた作品です。

 

電気が無くなった原因とかどうでもいいんですよ。

だって車も電池も使えなくなるんですから。笑

これはこれで良いなーと思いました。

 

 

 


関係ないけど『首都消失』は酷かったなぁ。

 

東京が巨大な謎の雲に包まれて完全に外部と隔てられてしまうんです。
その謎を外部の人間が解明していこうとするみたいな事で、大筋は面白いんですよ。

 

原作がある物だと技術やら時間の尺やらで映像化が中途半端なんでしょうね…後半退屈でしたorz

 

 

主演も渡瀬恒彦と名取裕子なんで、今観るとなんか2時間サスペンス臭がw

 

 

 

わっけーなぁー…

 

 

 

 

 


そんなわけでね、今週末も時間があれば映画を観に行きたいなと。

 

 

 

これか(流行ってるので)

 

 

これか(高嶋政伸がいるので)

 

 

これを。(TV版で柳沢慎吾が良い味出してる)

 

 

クレヨンしんちゃんももうすぐかなー。

 

 

 


1990年前後生まれの人のヒーロー事情。

お世話になっております、つばさです。

 

 

 

なんか先週からこの人の話題で持ちきりですよね

 

 

 

「水着の仕事が嫌だった」

 

という発言からか、水着のイメージDVDが売れてるらしいですww

 

【内心嫌々な心境での水着姿】

とうのが変態心を刺激するのでしょう。笑

 

 

 

 

この子は感じの良い子でしたね。

 

「仮面ライダーフォーゼ」

を全話観れたのも、この子がおったからです。

 

 

全話観た仮面ライダーなんてほんとこれくらいしかないですからね。

どの作品もどこかしら抜けてるんで。

 

 

 

 

 

仮面ライダーといえば、

 

先日お客さんとの世間話の中で、

 

 

「つばさくんの小さい頃のヒーローは何やったん?」

 

 

 

って言われて。

 

 

 

 

じぶん1989年生まれなんですけどね、

 

これがまた中途半端な世代なんですよ。

 

 

 

毎週放送している新作のヒーロー番組といえば

 

 

●スーパー戦隊シリーズ

(今やすっかり日曜朝のイメージやけど、当時は金曜夕方枠)

 

●メタルヒーローシリーズ

(宇宙刑事ギャバンに始まり、ジバンとかジャンパーソンとかビーファイターとか、金属質なヒーロー)

 

 

 

代表的なんはこんくらいのもんですよ、たぶん。

 

アニメはクレヨンしんちゃんが始まったり、セーラームーンとかドラゴンボールとか恵まれてましたけどね、

 

仮面ライダーもウルトラマンも、新作で毎週放送はやってはなかったんです。

夏休みは昭和のウルトラマンやってましたけどね。

 

 

 

そんな中で発表されたのが

 

「仮面ライダー真」(1991年・Vシネマ)

「仮面ライダーZO」(1993年・映画)

「仮面ライダーJ」(1994年・映画)

 

「ウルトラマングレート」(1992年・オーストラリア制作)

「ウルトラマンパワード」(1993年・アメリカ制作)

「ウルトラマンネオス」(1995年・主にイベントに登場)

 

 

 

もうね、渋いんですよ。

しぶっしぶです。

 

 

思い入れの無い世代からみたらマイナー枠扱いですよ。笑

 

ウルトラマンネオスに関してはもう映像作品すらまともに作ってもらえてないですからねww

三井グリーンランドのショーなんかに出てました。

 

 

 

グレートとパワードはビデオが出たあとに、一応日本でもテレビ放送されたんで、

このへんが生まれて初めての新作ウルトラマンになってしまうわけですね。

 

 

両方とも海外制作ということで、独特な雰囲気がありますし、

何より「ほぼ全編オープンセット」というのが大きな特徴です。

 

 

つまり、スタジオで撮ってないんですよ。屋外にミニチュアとか組んでやってるんですよ。

日本ほど天候悪くならないかららしいです。

 

 

まぁ逆に言えば夜に昼のシーンを撮影できない等々、デメリットもあるんですが、自然光下での撮影は臨場感がありました。

 

特にグレートはその「巨大感」が全シリーズ中でもかなりレベル高いです。

 

 

 

 

 

 

この2作品がね、ずーーーっとDVD出てなかったんですよ。

 

ところが先月急に発表があって、ブルーレイBOXが出るという事で我々直撃世代が歓喜しております。

 

 

 

 

 

 

全12話くらいのもんなんで値段も安いし、

パワードに関しては頭おかしいくらい画質良くなってるんで、

これは買おうかなと検討しとります。

 

 

そうそう、パワードに変身するのは、若かりし頃の

 

 

ケイン・コスギでしたw

 

 

 

 

スベテ、キタエレバ、

 

キミモ、Perfect Body!!

 

 

 

 

公式からPVもいくつか公開されてるみたいですよ。

 

 

 

 

 

そんな中途半端世代の我々はこのあと、

 

V6長野博さん主演の「ウルトラマンティガ」(1996年)

 

オダギリジョー主演の「仮面ライダークウガ」(1999年)

 

 

まで待つ事になるんですねー…

 

 

 

 

今日から弊社にヤングな新メンバーが来る事になってるんですけど、

早々一発目にこんなブログ書いてやりましたわ。笑

 


| 1/9PAGES | >>

NEW ENTRIES

RECENT COMMENT

STAFF

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

PROFILE

LINK

INFORMATION

CHIKUSKI*PASS

CHIKUSKI WEB

OTHERS