【平日更新】筑豊のフリーペーパー CHIKUSKI**のチクスキ編集部が日々綴るブログ

毛づくろい

勝手なイメージですが、トマトが好きな人は明るくて活発な人が多い気がします。

 

じゃあトマトを食べればそうなるのかというと、そうでもないと思います。

 

なぜならトマト嫌いなのに、毎日我慢してトマトを食べている僕が一向に明るくならないからです。

 

 

 

どうも鶴川談志です。

 

 

 

 

 

 

 

さて今日はどんなブログを書こうかなと思って、弊社スタッフに「なにかお題ありますか?」と聞いたら。

 

「毛づくろい」

 

と言われました。

 

難しい。。。

 

 

 

とりあえずwikipediaの信憑性の薄い情報をもとに書いてみますので、話半分に御覧ください。

 

 

とりあえず毛づくろいはまたの名を“グルーミング”というらしく、パッと聞いた感じだと、70年代のヒッピー風のファッションをしたファンキーな黒人ベーシストが、「おい、ここのドラムはもっとグルーミングに叩いてくれよ」みたな感じで使う言葉っぽいですよね。

 

そんなグルーミングですが、基本はカラダについた寄生生物などを取り除く掃除の様な行動のようです。

 

でもそれだけでは無いらしく、

 

性的もしくは性的な行為、特に自慰的な行為とグルーミングが結び付く種もある(コウモリの一部がそうである)

 

 

という大変興味深い一文がそっと添えられていました。

 

この辺を掘り下げて調べると、きっとブログには書いてはいけない内容になってくると思うので、、、

 

そしてそんなカラダのお掃除グルーミングは、大きく分けて自分自身に行うセルフグルーミング(もはや下ネタ感がハンパない)と、他の個体に対して行う社会的グルーミング(風俗感がハンパない)が有るらしく、社会的グルーミングの中でも気になる項目として「掃除屋」というものがありました。

 

自分よりも大きな種の生物のグルーミングに特化した種。ようするに他の人のカラダのゴミを主食としている生き物ということです。

 

インド洋・太平洋のサンゴ礁に分布するベラ類の掃除魚はクリーニング・ステーションという縄張りをもっていて、そこにホストと呼ばれる掃除を受ける大型の魚が掃除を受けにやってくるらしいです。

 

ホストに通うんじゃなくて、ホストが通ってくるという逆坂口杏里状態ですね。

 

しかもホストが肉食の魚の場合も掃除魚が捕食されることは無いらしいです。不思議ですよね。

あっ!ということは掃除魚の柄のルアーは釣果がさがりますね。気をつけとかないと。

 

 

 

最初に毛づくろいと聞いて、なんとなく自分の毛を整えるナルシズム的な行為かと思っていましたが、色々調べるとゴミを食べてもらう側と、食べたい側というウィンウィンな関係が自然にある感じを再認識して、なんとも不思議な感覚になりました。

 

 

今日は帰って早速セルフグルーミングでもするか。

 

 

え?

 

 

 

お風呂のことですけどなにか?

 

 

 

 

 

 

掃除魚って卒業式の在校生みたい

 

どちらも掃除(送辞)が終わるとさようなら。

 

 

 

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

 

 

 


NO!

暖かいじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

「おい!そこの天然パーマ」とかいう訳のわからん話しで盛り上がる今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

本日入校日。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月も無事に終わりそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

今月を振り返っておりました。

 

 

 

 

 

 

 

いろんなところに撮影に行かせていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

カメラマンの特権と言いますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフの写真をたくさん持ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒッヒッヒッ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも頑張ってるスタッフのオフショット集。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生の撮影の時に満開の桜の前でパシャり。

 

 

 

 

 

 

桜吹雪の金さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快晴の日の撮影の待ち時間にパシャり。

 

 

 

近い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試し撮りの際中にパシャり。

 

 

 

 

 

 

何をしてもかわいいから許される人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、引き続き入稿作業に専念したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

see you.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ヒカリモノ。

 

 

 

先日、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の東京ラウンドがどうしても観たくて東京に行ってまいりました社長です@今日もド〆切前(元気がないのはSHOGOのせい)

 

 

こんばんミート君バラバラ。

 

 

(バッファローマン=SHOGO)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、野球の話はいいのよ。

 

何度かここでもぶちまけてるからね。

 

 

 

ただね。

 

 

何かと腑に落ちない。

 

 

 

高橋監督は、選手としては好きだったんだけど

 

 

 

なんだろう。。

 

 

あの躍動感のない仏頂面は。

 

 

 

 

まったく楽しそうじゃない。

 

 

 

 

 

まぁ今年は去年よりも元気な気がするけども

 

 

 

プロなんだからさ。

 

 

 

もっとこうエンターテインメント性もないといかんと思うのよ。

 

 

 

 

 

小林はいつもの小林になっちゃうし。

 

 

 

 

明るい要素は亀井と坂本ぐらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、巨人ファンなんです(ちす笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな白い目で見らんといてください。

 

 

 

 

大分生まれなんでね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそうと、

 

 

 

ソフトバンクとの交流戦

 

 

 

今年は全部東京ドームなのよ(涙目)

 

 

 

 

 

この前、熊本来たとき行けばよかったなぁ。。

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、そんなことは横に置いといてですよ。

 

 

 

 

東京行ったらば、やっぱこっちで でけねーことせねばな。

 

 

 

 

ってことで、

 

 

 

 

 

 

 

気になっておりましたアート展に行ってきましたよ。

 

 

 

 

 

 

『食神さまの不思議なレストラン展』

 

手をかざすと季節が変わる、お米が踊る。
光と音の不思議な「和食」のアート展。

 

 

とのこと。

 

 

 

 

なんか日本橋の廃ビルらしきもの一棟を使って

 

回遊するように各フロアを楽しめるのね。

 

 

 

これはホントよくできてた。

 

 

 

 

 

 

最近のって、こちらの動きに当たり前に反応するのね。

 

だから、鑑賞っていうより「感」賞ってかんじ。

 

 

 

 

 

 

 

 

各シーンに応じていろんな仕掛けがあるのでなかなか前進しません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

階を移動する毎に、次はどんな世界なんだろうというワクワク感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ動きを楽しむんじゃなくて、それに応じた日本食の文化を学べるという優れもの。

 

外から見てたら、まぁマヌケに見えますが、みんなそんなの気にせずに踊ってました。

 

 

 

 

 

 

あ、先程から映っている女性は

 

 

©食神さまのレストラン制作委員会の写真なんで

 

 

あしからず (´ ; ω ; `)ブワッ

 

 

 

 

 

これわかりづらいんだけど、巨大な米びつの中にお米が入っててそれを混ぜくると○○という反応をするという仕掛けです。

 

手がお米の香りに包まれます(笑)

 

 

 

 

 

 

でもって最後は食堂に到着して、そこで味噌汁やお稲荷さんなど、優しい日本のソウルフードをいただきながら

日本酒など飲むというね。何とも飲んべぇにはたまらない仕様となっております。

 

 

 

まぁ、詳しくはこちらをどぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その同じビルで浮き世のデジタル アートイベントも同時開催してて、

 

 

 

そっちも面白かったのよ。

 

 

 

 

『スーパー浮世絵 江戸の秘密展』

 

歩いてめぐる浮世絵世界へようこそ
浮き世へに隠された江戸の秘密。

 

 

 

 

これも結構勉強になって、

 

 

 

というか視覚的に関心を持たざるを得ないってのは、

もう今後これが表現のデフォになるんだろうな。

 

 

 

 

 

いちイベント主催をかじる身として

 

危機感すら覚えましたよ。ええ。

 

 

 

 

版画の立体レイヤーカッコヨス。

 

 

 

 

 

これらも時代背景や文化的特徴の説明が各ブース毎にありんした。

 

 

 

 

 

 

これは画だと伝わらないんだけど面白かったね。動きます。

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちらをば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁとにかく、時間が潰せる潰せる。

 

 

 

 

半日近くゆっくりできる素敵なイベントでした。

 

 

 

 

どちらも5/21(日)まで開催してるので、よかったら是非。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

もう一つ観たの(ブログが終わらない涙)

 

 

 

 

『FLOWERS by NAKED』

 

これ映像なの本の中身のとこだけだからね(すげー)

 

お金のニオイがプンプンする。すっげーオサレ感満載のデジタルアート展でした。

 

 

 

 

日本で一番早いお花見を、日本橋で。

 

 

 

 

 

 

って、これも日本橋であってたの!

 

 

そりゃ行っとくしかないかと行ったけど。

 

 

 


 

 

 

こちらは、ホント『鑑賞』って感じかな。

 

デジタル花見アートなんでね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー 広い! でかい!

 

 

 

 

すんげーかっこいいんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

もうね

 

 

疲れてたから(飲んで)

 

 

 

 

 

真っ昼間からお稲荷さんと酒とかさ

 

酔うよねー

 

 

 

 

この時点で社長(act3)ですわ

 

まわりの女の子がキャバクラの子にしか見えてません(ここゲイツ?)

 

 

 

キラキラした人たち多すぎ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

こちらのイベントはもう終わってますが

 

ご参考までにこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもやっぱあらためて思ったのは、

 

 

こういったのは東京は早いよね。

 

 

 

 

 

これで筑豊が起点になることはないはね。

 

 

 

 

 

 

けど、結局のところ

 

 

 

ただカッコイイだけじゃないものって

 

 

 

ローカルにゴロゴロあるよねーって、

 

 

 

 

 

 

伊藤さん家とか、

 

 

入るだけでスゴイのにさ

 

 

そんなとこで仕掛けたらどうなっちゃうんだろうなぁとか考えると

 

 

 

 

 

俄然、気持ちにくるものがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あともうちょっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はいい刺激になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには高いとこ見ないかんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ富士山か。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/1123PAGES | >>

NEW ENTRIES

RECENT COMMENT

STAFF

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

PROFILE

LINK

INFORMATION

CHIKUSKI*PASS

CHIKUSKI WEB

OTHERS