【平日更新】筑豊のフリーペーパー CHIKUSKI**のチクスキ編集部が日々綴るブログ

全国のレモンドリンクファンにおくる

こんばんは、数年ぶりにメガネを新調し、勝手に生まれ変わった気がする隆です。
似合ってますか?弊社かずきはかわいいと言ってくれるのですが
どうですか弊社の皆さん。
似合ってますか?
似合ってますよね?(押売)
...ほどほどにして。
新しい出会いにはいくつになってもときめくものです。
そんな新たな出会い。
コンビニで出会いました。
隆的パーフェクトな飲み物に。
僕のドリンクをチョイスする基準は
「体に足りないものを補ってくれるかどうか」
疲れていたら甘味。
暑いときにはシュワっと。
その時の体調によって変わるのですが
変わらないものがあります。
それは「レモン的」酸っぱいの。
ただのレモン味ではいけません。
ファ◯タ的なレモンではありません。
数ある飲料メーカーのなか、
レモン飲料の盟主
ポッカさん。てかいつのまにかポッカサッポロに!
ソフトドリンク界のサッポロと言えば、
若干大手に及ばない印象もありながら、なかなかトリッキーな商品を
世に出してくれるイメージ。
お酒で言えば
男梅サワーは非常に素晴らしいと思います。
そんなサッポロとポッカが合体してポッカサッポロに。
話を戻しましてこれまでは
キレートレモンを飲んでおりましたが
いかんせん
少ない
ひと口で終わっとりました。
でもその少なさが良いと仰る方もいるでしょう。
でもいかんのです。
大きいキレートレモンスパークリングもありますが
こんどは酸っぱさが薄れてよくない。
どうしたものかと思っとったら
この前稲築山野のローソンでポッカサッポロさんの本気に
遂に出会ったのです。
飲む酢。
これこそ最終到達点の酸っぱさ。
グレート
エクセレント
それを超えて
マーベラス
な仕上がり。
お酢独特のツンとする酸味を無くし
レモン的酸味に昇華しております。
レモン的飲み物愛好家のみなさん。
これはまず飲んで頂きたい。
でもひとつ難点が。
色々巡っておりますが
今のところローソン稲築山野店でしか売ってるのを見たことがないという...
シカーモ!(クレアラシル)
ウキウキと2回目に買いに行ったら、値札もなく残り一本的な存在に...
慌ててその残り一本を買ったのですが
数日後行ったら案の定、無くなっておりました...
再入荷があると強く願っとります!

レディオな話

(´・ω・`)こんばんわー



社長です。



先日、直方市のサテライトスタジオにお呼ばれしまして、ローカルFMに出演したのです。


テレビ等のメディア出演はそこそこ経験あるんですが、ラジオは初めてだったんですね。

 



事前打ち合わせで、

 


「お好きな曲を4曲ほど選んで持って来てください」


とのことでしたので、

 



会社を興してのエピソードトークを予定していたとこともあり、


時系列で



01.Radiohead / Everything In It's Right Place

会社を興した2000年にリリースされた Radioheadの4thアルバム『KID A』の1曲目。

「すべては在るべき場所に在る」というタイトルのナンバー。

今までのキャリアを完全に捨て去り、あの時これを出さなければとならなかった歴史的必然性。
とにかく当時の感覚にジャストで、これしかないというくらい思い入れの深い曲。



02.UA / Moor

2013年に初開催した『GOTTON JAM』のヘッドライナーを務めてもらったUAが、最後に演奏してくれた曲。

本当はセットリストになかったんだけど、彼女に伝えた

「この曲が1番好きなんです」

というリクエストに応えてくれたのかどうかはわからないけど、

流れた瞬間に号泣しました。
そんな一生忘れない曲。



03.Aphex Twin / Xtal

これ「クリスタル」って読むんですけど、自分が経営する別会社も、この曲から取って『Xtal』と名付けました。

チクスキを運営する会社である『TONE』は、『色調』にルーツがあって、その意味が社史そのものです。

その対極にあるようで同義的な意味として『クリスタル』なんです。




とまぁ、


結構マジメに選曲したんですね。



あと「これからのメディアミックス」としての意味で、初音ミクも選んでましたけど、そこは時間が足りなくてちゃんと流れませんでしたが、



ただ、今回伝えたかったのは、


ラジオで選んだ曲を読み上げる行為って、

 

 


かなり恥ずかしいよね
 

 



これだけ言いたかったとです。



誰かが選んだ曲ならまだしも、
自分で選んだ曲って、、、

まぁ恥ずかしいですよ。



いやマジで。

 

 

 

すごいナルシストっぽくなるの笑

 

 



しかも、前半は何でその曲選んだか話もできないというね。

 


それめっさカッコつけて選んだみたいやん
 

 

 




そんなわけでね。



やっぱ芸能人の人たちとか普通に自分の曲とかドヤ顔で紹介しちゃってますけど、

あんなの自分大好きやないと到底無理な
すんごいパワー使う所為なんだすよ。
 

 

 

リスペクト

 


そんなことをミクロでも伝えたくて綴りました。

 

 

 



それではまた

 

 

 



さいなら さいなら さいならー




 


Google Growth Campに行ってきた話

深山です。本日Google Growth Campに行ってきましたのでレポートです!

 

 

 

前回「中国の無人コンビニの話」を結構気合入れて書きまして。

 

「どうせこんなんここに書いてもリアクションねーだろうなー」と思いながらやったら、意外と自分の頭整理するのにめちゃくちゃ役立ったんで、今回も自分のためだけに備忘録かねてさらにマニアックなやつを書きます。笑

 

 

先月にこんな感じのお知らせが届いたんで

 

 

行ってきたんですけど、福岡会場は意外と年配の方が多かったですねー。

 

20代10%、30代が20%、40代以上が7割って感じでした。

 

10:30〜16:10までがっつりあったんで細かいことハショるんですけど、ざっくりディープラーニングすげーって話はトレンドっていうか今回の大きなテーマのひとつだったように思います。

 

ディープラーニングをぼんやり理解するための例として、「特定の画像に写った動物が猫と犬をどう判別するか」という問題がスッキリわかりやすかったです。

 

従来のやり方だったら「猫は顔が平べったくって〜・・・」「猫は目がつり上がってて〜・・・」とか条件を足してって完成を目指すんですけど、ディープラーニング的なやり方は「こっちは猫」「こっちは犬」みたいな正解例を大量にシステムに渡して、そこから勝手にその差を学習するって感じらしいです。へぇー。

 

 

「関係ねーな」と思ってここでブラウザをそっ閉じした人が98%ぐらいな気がしてますが、意外と全然身近なんですよね。

 

チクスキウェブやってる僕らみたいな会社からしたら、解析ツールとして当然GoogleAnalyticsを使ってて、そこに大量のデータが集まってるわけです。

 

そのデータを解析して「こうやったらもっとよくない?」っていうのを考えていくのがWEBマーケターのおっきな仕事のひとつなんですけど、そこをAIが代替してくれたら精度もあがるし楽チンじゃないの!って話です。

 

そういうのをやってるのが、GoogleAdwordsのスマート自動入力・スマートディスプレイキャンペーン・AIアナリストみたいなサービスだったりするんですね。

 

特にGoogleのスマートディスプレイキャンペーンはすげーなって思いました。

 

「自動ターゲティング・自動入札・自動クリエイティブ」でディスプレイ広告作りますってやつです。

 

地域や時間帯、性別などの情報に応じてそのユーザーに最適な広告を自動で作りまっせってことができるんですねー。

 

何十万通り、無数にあるパターンから統計的にベストな動的な広告を作成できるとか理論上無敵ですねー。

 

 

まぁ長々と書いたんですけど、つまるところデータがとれるかどうかってのが、ディープラーニング使えるかどうかの差になって、それがこれから10年の広告のひとつの分水嶺になるんじゃないかって思ったという話でございます。

 

 

既に力尽き気味なんで後箇条書きで気になった点まとめて終わります。

 

 

 

●データドリブンアトリビューション

「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな話を定量的に測定できるからしましょうよって話です。

桶屋が儲かったのに大事だったのは「土埃が目に入って盲人が増えたから」なのか「猫が減るとねずみが増えるから」みたいなのを統計的に解析することで、桶屋が力を入れるべきところがわかるって感じでしょうか。

・・・例え話なのに余計わかりにくい!笑

 

 

●某整備会社の社長の話

GoogleAdwordsに凄まじい予算ぶち込んでる社長がトークセッションに来てました。GoogleAnalyticsの解析も大好きなようで、そのデータを中心にビジネスの展開を設計してるってのは衝撃でした。サイト改善したり、売り方変えたりってのはよくやるんですけど、事業展開レベルからデータ中心に設計していくってのは今っぽいなーっと思いました。Googleの好きそうな思想ですね。

 

 

●PWA

一言ちらっとでてきただけなんですけど、めちゃくちゃ知れてよかったやつのひとつ。

スマホに入ってるアプリみたいに挙動できるWebサイトのこと。

Safariが開発完了したら結構普及しそう。

現状スマホのアプリとかいらないけど作ってるとこ多すぎますもんね。

 

 

●その他知らなかった便利なサイト

think with Google

 

マーケティングに便利な情報盛りだくさん!

 

「夏休み 宿題」でググってる人が夏休み最後の1週間でこんだけいるっていうおもしろデータとか、ほんとに役立つデータいっぱい落ちてて楽しいサイトですね。ちなみに僕は意外と最初の3日間で全部終わらせて友達に回して優越感に浸る派でした。(最低)

 

 

 

コンシューマー バロメーター

ローカル系の検索にまつわるデータが色々のってます

 

 

Googleデジタルワークショップ

WEBマーケティングの勉強できるやつ

 

 

Googleアドバタイザーコミュニティ

Googleの広告について色々聞けるコミュニティ


| 1/1163PAGES | >>

NEW ENTRIES

RECENT COMMENT

STAFF

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

PROFILE

LINK

INFORMATION

CHIKUSKI*PASS

CHIKUSKI WEB

OTHERS